ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

婚活・恋活

結婚式7回やるようなmisonoに、どうして男ができるのか?を真剣に考えた

こんにちは、ドクダミ淑子です。 タレント?のmisonoさんが、結婚式を7回行ったという、くだらない系のニュース記事を読みました。 abematimes.com 今までも様々な奇行・愚行・痛さ全開などで話題になっているmisonoさんですが、結婚式7回って・・・全国ツア…

デートに来た男性の服装が超絶ダサい場合、むしろチャンスだと思うべし

こんにちは、ドクダミ淑子です。 突然ですが、婚活女子に質問です。 「ドキドキ初デートで、待ち合わせ場所に来た相手の私服が、ファッションセンスのかけらもなく、超絶ダサくて隣にいたくないレベル」だったら、どうしますか? 婚活女子のレベルにもよりま…

人は、そこまで他人を気にしていない。自意識過剰が恋愛を苦しくしているという話

こんにちは、ドクダミ淑子です。 スマホのお気に入りサイトの中に「DOKUJO(ドクジョ)」というニュースサイトを入れています。 (ちなみに芸能ゴシップニュースサイトの「独女ニュース」も入れている) そのDOKUJOの方のエッセイで、毎度欠かさずに読んでい…

「肉食系女子はモテる」は、別の意味でも正しいと思う

こんにちは、ドクダミ淑子です。 私は結婚して、お互い土日休みの旦那と一緒に、休みの日デートを楽しんでいます。 その中で気づいたのは、土日のがっつり系飲食店は、大体カップルか夫婦ばかりだということ。 有名な焼肉店、ホルモン焼き店、ハンバーガー店…

面倒なうんちく男の傾向と対策について考える

こんにちは、ドクダミ淑子です。 先日、一人でワインバーに行ったという話を書きました。 www.dokudamiyoshiko.com その時に、常連男性・私・女将(推定20代・超かわいい)の3人になったのですが、とにかく常連男のうんちくが炸裂して・・・疲れたんです。 …

寂しいって気持ちとの向き合い方。寂しさを他人で埋めようと思っても、大体埋まらない。

こんにちは、ドクダミ淑子です。 前回、オラオラな男に出会ったという同僚の話を書きました。 www.dokudamiyoshiko.com オラオラ男には近づかないようにしている私は、彼女とこんな話をしました。 「何でそんな男とご飯に行っちゃったの?」 「出会ったのは…

俺様男・オラオラ男というのはなぜ存在するのか?

こんにちは、ドクダミ淑子です。 会社の同僚(31歳)からこんな相談(グチ?)を受けました。 マッチングアプリでちょっといいなと思う男性と会うことにした 1軒目はしゃぶしゃぶをおごってくれた 2軒目くらいから酔っぱらって嫌な奴になってきた トラブル…

イイ女だからモテるのか?モテるからイイ女なのか?ニワトリと卵のような問題を考えた

こんにちは、ドクダミ淑子です。 パン屋さんの前を歩いていたときに、ふと思い出した話があります。 「そこまでおいしくない」と自分で言う、超人気のパン屋さん。その理由は? とある超人気のパン屋さんがありました。 いつも行列ができていて、店内に入っ…

オタクと非オタクのカップルが近くにちらほらいるので、うまくいくポイントを観察した

こんにちは、ドクダミ淑子です。 最近ふと気づいたんです、私の周りに「オタクと非オタクのカップル」がちらほらいることに。 オタク女子と非オタク男子 オタク男子と非オタク女子 コミケに行くような濃厚なオタクさんと、コミケ?なにそれ?みたいな相手が…

「好きになる理由が見つからない病」からどうやって抜け出すか?

こんにちは、ドクダミ淑子です。 前にやっていたブログの人気記事で、こんなタイトルのものがあります。 恋愛ブランク女子にありがちな「好きになる理由が見つからない病」 それは大体こんな話です。 アラサー同級生4人で飲んでいるときに、彼氏いない子が突…

なぜ募集広告ではBBQのネタばかりが載り、合コンで男性は社畜自慢をするのか?

こんにちは、ドクダミ淑子です。 私は仕事柄求人サイトをよく見ています。 見ている中で不思議なのが、なぜ企業が以下のことを嬉々として記事にしたがるのか?ということです。 夏には家族も参加してのBBQを開催! 年に1回の社員旅行で熱海に行きました! 「…

婚活で100人に会って結婚した友人の話を聞いて、私が思ったこと

こんにちは、ドクダミ淑子です。 最近、大好きな友人が結婚しました。 友人は、28歳位から婚活を始め、約100名の男の人と婚活で出会い、1人と本格的なおつきあいをして結婚。 彼女の婚活体験を聞いて、思うことがたくさんあったのでまとめてみようと思います…

恋愛するための心の準備って何が必要?モテる人とモテない人は、人への印象の抱き方が違うという話

こんにちは、ドクダミ淑子です。 モテる女子とモテない女子を比べて、一つ気付いたことがあります。 それは、モテる女子の方が、「人を好きになるハードルが低い」ということ。 恋愛だけではなく、人間関係全般において。 モテる女子は苦手な人が少ない気が…

彼氏が結婚を考えてくれない時に、「祖父母の家に連れていく」は効果的なのか?

こんにちは、ドクダミ淑子です。 以前、彼氏が結婚を考えてくれないときの対処法について書きました。 www.dokudamiyoshiko.com 他にも、結婚を意識させる手はないか?と私の周りの話を思い出してみると、一つひらめきました。 祖父母の家につれていく 彼氏…

彼氏が結婚を考えてくれない時の原因と対処法を営業のテクニックから考えよう

こんにちは、ドクダミ淑子です。 アラサー彼氏あり女性は、「彼が結婚しようと言ってくれない問題」というのを抱えていることが多いと思います。 何を隠そう私も、26歳で付き合い始めて、3年くらいした29歳は非常にモヤモヤしました。 初めての彼氏というこ…

子供のころのやり方を忘れてしまってない?「出会いにつながる大人の友達の作り方」を考えた

こんにちは、ドクダミ淑子です。 私は周りの人たちが「出会いがない」と嘆いているのを聞いて、どうしたら出会いを作れるのだろうか?と考えていました。 そして、ある日、ふと思ったのです。 「そういえば子供の時ってどうやって友達になっていったんだっけ…

「絶対に年収1000万円以上の男性と結婚したい」という優香にダメ出ししたい

こんにちは、ドクダミ淑子です。 最近ネットだけですが騒がせている、「絶対に年収1000万円」問題。 今回はこれについて、私の意見をまとめていこうと思います。 www.yomiuri.co.jp 今回相談として出てきたのは、優香(仮名・32歳)。 優香はこんな感じのこ…

100%好きじゃなくてもいいんじゃないかと思う

こんにちは、ドクダミ淑子です。 このブログを書く前は、3年近くアメブロでブログを書いていました。 ameblo.jp アメブロっぽい文体とか改行にしていたのですが、引っ越し後はたまにこのブログ用にリライトし、こそっと元記事を削除しています。 そして今回…

「普通に恋愛する」がわからない・出来ないというアラサー女子向け対策を考えてみた

こんにちは、ドクダミ淑子です。 恋愛経験がなさすぎて、もはや普通の恋愛というのがよくわからなくなっている、そんなアラサー女子はいませんか? 私も26年間、だいたいそんな感じでした。 今回は、「普通に恋愛する」ということがものすごく難しく感じてい…

「趣味がない」という女子へ、婚活で出会いのありそうな趣味を考えてみた

こんにちは、ドクダミ淑子です。 前回、趣味が合うかは重要だと思うという話を書きました。 www.dokudamiyoshiko.com 「趣味・・・ないんですけど」「人に言える趣味はない」という女子もいると思います。 そこで今回は、婚活で出会いがありそうな趣味を考え…

婚活において「趣味が合う」は必要か?

こんにちは、ドクダミ淑子です。 楽天O-netのCMを見ていて、「やっぱり共通点があると話題に困らないよねー」とぼんやり思っていました。 onet.rakuten.co.jp そんなとき、とある婚活ブログで「趣味が合うって婚活に必要か?」と書いている方がいたので、私…

「私、潔癖症だから」とドヤるそこの女子!それは相手を遠ざけるぞ

こんにちは、ドクダミ淑子です。 前回、清潔のレベルがあっている人の方が生活しやすいという話を書きました。 www.dokudamiyoshiko.com そんな中、よくいますよね。 私、「潔癖症なの~」と自慢気に言う女子。 潔癖症っていうのは、そんなにドヤることでは…

日本のプリンセスの結婚から、婚活における狙いどころを考えた

こんにちは、ドクダミ淑子です。 最近ネットや世間で話題の、プリンセスの結婚について。 あるとき、大事に育てられた箱入り娘、日本の宝がいました。 同級生も親しくしながらも「特別なお方」とちょっと距離を置いていてたし、おそれ多くて近づく男子なんて…

ホンマでっか!?美人かどうかは結婚出来るかと全く関係ない!?

ホンマでっか!?TVで衝撃の説があげられていました。 女の人生において結婚できるかどうかは美人かそうでないかどうかは全く関係ない。 よく美人は人生で得しているとか言われますが、実際は「女に限っては」美女かどうかは関係なく、ランダムに幸せ・不幸…

「自分がブスである」ということには、意外と気が付かない

こんにちは、ドクダミ淑子です。 あなたは、自分が可愛いと思いますか?それとも、ブスだと思いますか? 私は、結構なブスなのに高校生くらいまでその事実に気づきませんでした。 他人が美人かブスかはわかるものなのに、自分だとどうしてブスに気づかないの…

モテない女→気が利かない女→さらにモテない女 の悪循環を断ち切るべし

こんにちは、ドクダミ淑子です。 勉強の世界で生きてきた、モテない女です。 過去の自分の話。 www.dokudamiyoshiko.com 「勉強の世界で生きてきた女」に圧倒的に足りないものは、「気の利いた動き」だと思います。 気の利いた動きとは ある人が次何をしたい…

彼氏ができないで悩んでいる高学歴女子がいるなら、その理由を一緒に考えてみようじゃないか

こんにちは、ドクダミ淑子です。 ブログだから大きな声で言いますが、私は勉強面では超☆優秀でした。 高校では誰もが名前を知っている有名進学校→ストレートで有名大学入学→ストレートで卒業しました。 ※有名大学の学部は学内では下位と言われているとか、有…

お母さん、あなたの「娘に彼氏ができていい年齢」は遅すぎません?~初めて交際した年齢・初婚年齢を見る~

こんにちは、ドクダミ淑子です。 お盆の時期に、帰省をした人も多いのではないでしょうか? そこでアラサー独身女性を苦しめるのは、「いい人いないの?」という問題。 でも、お母さん、ちょっと前まで「彼氏?まだ早いわよ」と言っていませんでしたっけ? …

アラサー女子の出会いの方法を調べてみたら、やっぱり友達を大切にしようという結論になった

こんにちは、ドクダミ淑子です。 アラサー女子ってどこで彼氏と出会ってるんだろう?と疑問に思っていたところ、MOREという女性誌でこんな記事を見つけました。 彼氏がいるモア世代女子500人に聞きました! 「YOUは彼氏と、どうやって出会ったの?」大調査!…

モテない女子は「自分が楽しみたい」と思い、モテる女子は「相手を喜ばせたい」と思う、という話

こんにちは、ドクダミ淑子です。 アラサー女子で話をしていると、「付き合ってない男性とのデートで、ファミレスに行った、ありえない」とか「彼のチョイスでハリウッド映画を観た、つまらなかった」だの、文句を言っている人がいます。 最初のデートでそん…