ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚30代女、ドクダミ淑子の毎日

仕事・キャリア

テレビはプレゼンの学びの宝庫だと思う

こんにちは、ドクダミ淑子です。 私はテレビ万歳のテレビっ子です。 我が家には巨大な壁掛けTVがそびえ、朝の情報番組から夜のバラエティ番組、ドラマ・アニメ・映画までを大画面で見ることができます。 YouTubeもその気になれば見えますが、画像が荒くなっ…

同年代ばかりの会社はいい会社なのか?

こんにちは、ドクダミ淑子です。 どこかの誰かが、サラリーマンのユートピアと題して様々な条件を挙げていたのを、Twitterで見かけました。 ほとんどは納得感がありましたが、ただ1つだけ納得できないものがありました。 「全従業員が同世代」 これってユー…

「土日休み」は壁なのだ

こんにちは、ドクダミ淑子です。 人材系の仕事で打ち合わせをしているときに企業(人事・経営者)と「次元が違うな」と感じることがあります。 たとえば、「どのくらい残業させたらブラックになるの?その感覚がわからなくて」という叩き上げ創業社長・自身…

転職エージェントは魔法使いではないのだ

こんにちは、ドクダミ淑子です。 少し前に、転職エージェントについて、こんなツイートを見かけました。 転職相談のために過去複数のエージェントに行ったことがあるけど、電話とテンプレメールは熱心なのに金融以外でって言っても銀行の求人とか平気で出し…

悩める就活生が、一歩踏み出した瞬間を見た

こんにちは、ドクダミ淑子です。 これは、先月の話です。 ※多少の変更を加えています。 新卒向けの合同企業説明会 私は20新卒向けの合同企業説明会に行きました。 合同企業説明会とは、各社がブースを作り、椅子を並べて、着席した来場者に自社の事業や採用…

鶏口だけど、牛後も悪くないんじゃないかと思い始めた

こんにちは、ドクダミ淑子です。 「鶏口となれども牛後となるなかれ」という故事成語がありますよね。 「牛のお尻(大きな組織の末端)よりも、鶏のくちばし(小さな組織のトップ)になるほうがいいよ」と言う意味ですね。 更に意訳すると、「大企業の平社員…

どこまで「バカ」に合わせるべきなのか

こんにちは、ドクダミ淑子です。 日々、基礎学力がアレな子の教育係兼ツッコミ係として活躍をしています。 基礎学力もアレだけど、仕事の基礎能力もアレでして、なんでもすぐに忘れちゃうし、抜けちゃうし、数字の入力もすぐに間違えちゃうし、そのくせ確認…

ノー残業デーが出ては消えてを繰り返すブラック企業で働いている

こんにちは、ドクダミ淑子です。 有名はてなブロガーさんのらくからちゃさんが、こんな記事を書いていました。 www.yutorism.jp らくからちゃさんは、きちんとしたリソースを出しながらの分析&感想がまとまっていて、とても分かりやすく、そして読んでいて…

後回し・保留なんて、何も生み出さないよね

こんにちは、ドクダミ淑子です。 今日は、仕事の話を。 ある木曜の朝、後輩に話しかけました。 「月曜日に同行したA社の見積書、今週中に出すって言ってたよね?あれどうなった?」 「まだです」 「なんで?」 「明日やろうと思っています」 「なぜ即日出せ…

「ダメな私を理解してほしい」について

こんにちは、ドクダミ淑子です。 私は、サラリーマンとして10年以上働いていますが、決して仕事のできるバリキャリウーマンではありません。 むしろ、どっちかというと「仕事出来なさすぎてヤバい」タイプです。 今はだいぶマシになったけど。 細かいタスク…

この時期に就活について語るのは季節外れという話

こんにちは、ドクダミ淑子です。 みなさん知っていますか? 「6月1日から就活解禁」とか言っている人は、世の中のことを全く分かっていない人だということを。 6月1日に就活解禁している会社は、ほぼゼロ 私は人材系企業に勤めて10年以上。 新卒採用にも関わ…

クソ上司ガチャは大企業だとだいぶマシなのに

こんにちは、ドクダミ淑子です。 今日のテーマは、クソ上司と大企業について。 Twitterでこんなツイートが流れてきました。 何度も言いますが、新卒で大企業に就職するのをオススメします。・クソ上司を引いても配置替えや転勤でリセット可能・複数の部署を…

パワハラと戦ってみた

こんにちは、ドクダミ淑子です。 パワーハラスメント。 厚生労働省のWebサイトには、こんな定義が記載されていました。 職場のパワーハラスメントとは、「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲…

20代女子に「働く女性の理想像です」と言われてビビった話

こんにちは、ドクダミ淑子です。 先日、24歳女子と同行しました。 彼女とは、初めての同行、というかトイレでの「おつかれさまです」とか朝の「おはようございます」以外でちゃんと話すのも初めてくらいのレベルだったんですよね。 彼女に言われたのです。 …

「好きでも嫌いでもないもの」を仕事にしている

こんにちは、ドクダミ淑子です。 ネットサーフィンしていると、こんな感じの言葉を見つけました。 「好きなことを仕事にしないっていうなら、嫌いなことを仕事にするんですか?」 これにモヤモヤしたんです。 いや、別に、世の中「好き」と「嫌い」だけじゃ…

打ち合わせで寝ている人がいる問題

こんにちは、ドクダミ淑子です。 あの~ですね、いるんですよ。 私が客先訪問して、打ち合わせしている時に、寝ている人が。 突然引っ張り出されて、そして寝る 大体のパターンは、元々アポを取って訪問した先の人(社長とか部長とか)が、連れてくる人です…

「営業は誰でも出来る仕事」の意味を間違えてはいけない

こんにちは、ドクダミ淑子です。 先日、仕事である企業の営業課長と打ち合わせをしました。 その時、こういうフレーズが出てきたのです。 「営業なんて、誰でも出来る仕事だからさ」 営業は誰でもできる? 私は人材系の仕事をして10年以上。 このセリフは幾…

ハードワークと言っているだけの、非効率について

こんにちは、ドクダミ淑子です。 「働き方改革」「残業規制」「圧倒的成長」「高い生産性」などなど、高度経済成長期から今まで、人の人生の多様化・テクノロジーの進化とともに、仕事のスタイルはどんどん変化してきています。 そんな中、「今の若者は、残…

「思ったより仕事がデキなかった自分」と向き合おう

こんにちは、ドクダミ淑子です。 『わたし、定時で帰ります』の第3話、新入社員のアレコレの回を見ていて、このセリフに私のセンサーが反応しました。 「正直、もっとデキると思っていたんです。でも働き始めてみたら全然で。だんだん自分に嫌気が差してきて…

商談の場での、沈黙を恐れてはいけない

こんにちは、ドクダミ淑子です。 先日、後輩に同行した時のことです。 お客様から質問を受け、「それだったらこのパソコンの中に入っています」と言って、データを取り出そうとノートPCを取り出しました。 そしてその後輩は言ったのです。 「よいしょっ」と…

【ドラマ感想】わたし、定時で帰ります。 「やることやって定時」の難しさ

こんにちは、ドクダミ淑子です。 今更ながら、録画していた『わたし、定時で帰ります』を観ました。 www.tbs.co.jp 色々と考えさせられるドラマなので、今クールの見るドラマリストに入れました。 まだ2話しか放送されていないし、1話完結型だから見ていない…

自信と傲慢のあいだ

こんにちは、ドクダミ淑子です。 ある日の個人面談で、上司に言われました。 「ドクダミさん、自己評価高いね。だいたいAで出してくるよね。自信あるよね。」 「たしかにそうですね・・・」 一旦受け止めてから、反論します。 営業ですから、YES・BUT話法で…

悪質な転職クチコミサイトについて調べることにしました

こんにちは、ドクダミ淑子です。 今朝、突然つぶやいたこちらのツイートについて。 【拡散希望】お客様から悪質なクチコミサイトの話を聞いた。良いことと悪いことを書くと、悪いことしか反映されず、事実と異なる書き込みに削除依頼をすると「お金払ったら…

「会社経営」を偉そうに語る一人社長に物申したい

こんにちは、ドクダミ淑子です。 ネットの世界では「経営者」がたくさんいますね。 私は人材業界の営業を10年以上続けているのですが、どうやら私の知っている経営者と、ネットで饒舌な経営者とは、少し違うようです。 今回は、「一般的には有名ではないけれ…

デザイナーとの関係性にモヤモヤ、私はデザインをどう捉えているのか?

こんにちは、ドクダミ淑子です。 私は仕事の中で、ライターさんやデザイナーさんとやりとりすることがあります。 社内にも、社外にもいるので、それぞれ対応しているのですが、最近、社内のデザイナーさんとのやりとりで、モヤっとしたことがありました。 マ…

学歴を焼印にしてしまったらどうだろうか?

こんにちは、ドクダミ淑子です。 いつものようにネットウォッチングをしていると、こんな記事を見つけました。 東大卒の起業家の塚本廉さん、中卒ニートだと自白 - Togetter 東大卒でいろいろな活動をしていると言っている人の、すべてが嘘だったという話で…

アフィリエイターだけでなく、誰もが「次の一手」は考えておくべきだと思う

こんにちは、ドクダミ淑子です。 最近、ネットで稼ぐ人が「収益落ちた」とか、「サイトが飛んだ」とか、そんな風に調子よくないというつぶやきを良く見かけます。 また、アフィリエイター(自身のサイト経由で商品を購入orサービスを利用した人がいたら手数…

入社して最初の先輩からの言葉は、なんだかんだで心に残っている

こんにちは、ドクダミ淑子です。 私はバスから降りるとき、後乗り前払いタイプだと、Suicaをピピッとしながら運転手さんに「ありがとうございました」と言います。 なぜ、お礼を言うのか? 関西人の「ありがとう」となんでも言う習慣?・・・違います、私は…

会社のお財布と自分のお財布感覚は分けるべきという話

こんにちは、ドクダミ淑子です。 私は営業をやって10年以上。 仕事をして変わったなと思うことはいくつかありますが、その一つに「お金というものの感覚」というものがあります。 「100万円です」と言うのに躊躇していた時期 売れない時代は、私は自分の扱う…

フリーランスに変な意味をつけすぎじゃない?

納期に追われ一週間ほど漂流した後、砂浜に打ち上げられたノマドワーカーのフリー画像 こんにちは、ドクダミ淑子です。 「フリーランス」という言葉をご存知でしょうか? 会社に所属せずに仕事している人、つまり個人事業主ってことですね。 ただこの言葉が…