ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚30代女、ドクダミ淑子の毎日

辛口な意見

「辛口です」と言っておけば何を書いてもいいと思っている

「嫌われる勇気」なんて大抵の人には耐えられるものではないのだ

こんにちは、ドクダミ淑子です。 はあちゅうさんが、自身への「誹謗中傷」を訴えている裁判の、内容を読みました。 こちらのブログです。 証券非行被害者救済ボランティアのブログ - livedoor Blog(ブログ) たしかに、容姿に対しての言及は誹謗中傷になる…

好きなことを仕事にするには、好きな気持ちだけじゃ足りないんだよな

こんにちは、ドクダミ淑子です。 しばしば、自分のキャリアを考える時に出てくる、「好きなことを仕事にするかどうか」問題。 先日、私が敬愛する、No.1インフルエンサー(※FLASH調べ)である、はあちゅうさんがこんなことを言っていたので、ちょっと考えて…

子どもの人生は、子どもだけのものだから

こんにちは、ドクダミ淑子です。 はあちゅうさんが、ポエムをInstagramに載せていました。 例によって、揚げ足取りのネット姑の私は、これを読んでネチネチと考えてしまったのです。 ポエムは、こんな内容でした。 息子に時間や愛情を注ぐ瞬間、「自分もこれ…

私には、クレーマーの親戚がいるから

こんにちは、ドクダミ淑子です。 最近、ずっと考えていました。 無人駅の来宮駅まで行きたくて、当日になって突然事前連絡なしで来てごねて駅員4人を集めさせて電動車椅子を運ばせた女性のことを。 「ここまでしないと考えてもらえない」という本人の言葉は…

フォロワー数でマウント取るの、無意味

こんにちは、ドクダミ淑子です。 SNSのフォロワー数がどうのこうの、という話題を時々耳にします。 書店に行っても「フォロワー数〇万人の超有名インフルエンサー!」みたいな帯の本がわんさかあるし、訴状に「フォロワー数24万人、12万人、11万人」とか書い…

その1件だけで、「経験を生かす」って言われましても

こんにちは、ドクダミ淑子です。 トイアンナさんのこのツイートを読んで、ズキューンと来たので、今回はその話をしたいと思います。 「鬱になったので鬱の相談乗れます」「いじめにあったので同じ気持ちわかります」とか絶対にそんなことなくて。私は性暴力…

私たちは、他人の人生を消費しながら自分の人生を生きている

こんにちは、ドクダミ淑子です。 ネットウォッチ活動をしていると、こんな言葉を見かけます。 「他人を観察してあれこれ言う人は、他人の人生を生きている。自分の人生を生きるべきだ」 また、私もこんなブログをしているので、こういった言葉で評されること…

自己肯定感は、上げようと思って上がるものではないよね

こんにちは、ドクダミ淑子です。 「自己肯定感を上げる」なんていう謎ワードがあります。 私がよく拝見しているインフルエンサーによると、たとえば、こうやって上げるらしい。 メイクをする オシャレをする パジャマから洋服に着替える 自分に優しくする 美…

「かわいい」とは、「かわいい」だけじゃない

こんにちは、ドクダミ淑子です。 SNSを見ていて、ふと疑問に思うことがあります。 大変失礼ですが・・・決して顔立ちが整っているわけではない赤ちゃんの写真に対して、「可愛すぎます」とコメントがついているのは、なぜなのだろう?と。 可愛い・・・のか…

私が発信したいから、発信しているのだ

こんにちは、ドクダミ淑子です。 はあちゅうさんは私に常に考える機会をくれるなぁと思う今日この頃。 先日、こんなブログがアップされていました。 息子の夜泣きが激しいと思ったら、翌朝見たら発疹が出来ていた。ネットであれこれ調べていますが、写真は載…

「私の質問に答えてください」が出てくる議論は

こんにちは、ドクダミ淑子です。 以前、Twitterで長文を投稿するのは難しいということを書きました。 www.dokudamiyoshiko.com ここから少し経って、「長文をちゃんと投稿できている人もいる」ということはわかってきました。 その話は置いておいて。 最近、…

謝ったら偉いのは就学前までじゃない?

こんにちは、ドクダミ淑子です。 私は不思議なのです。 ネットで誰かが謝った時、なぜか「謝ったから偉い」と褒められていることが。 謝っただけで褒められる? 例えば、こんなことがありました。 Twitter上で、ちょっと周りの人への配慮に欠けるツイートを…

子どもの写真をSNSに載せることは、やっぱり反対だな

こんにちは、ドクダミ淑子です。 子どもが生まれて、自分のスマホの中のフォトアルバムが、子の写真ばかりになる今日この頃。 先日、SNS をちゃんとやろうかなという話 を書きましたが、子どもの顔をSNSに出すということについて考えてみようと思います。 子…

人間は、不安感の強い人と弱い人の2種類に分かれるという話

こんにちは、ドクダミ淑子です。 先日、「コロナ観の違い」という話を書きました。 www.dokudamiyoshiko.com 最近、新型コロナウイルスの話もしかり、不倫もしかり・・・色々なことに対する「線引きのライン」ということについて、少し考えていました。 いっ…

「産んじゃえばこっちもの」の言葉の意味をはき違えてはいけない

こんにちは、ドクダミ淑子です。 「産んじゃえばこっちのもの」っていう言葉を、たまに耳にすることがあります。 それは、友達同士の会話でも、ネットや街で流れてくる言葉でも。 私はそれを聞くたびに考えていました。 この言葉は正しいのかどうか?と。 確…

言いっぱなしの人達

こんにちは、ドクダミ淑子です。 時々私のメールアドレスやTwitterのDMに、知らない人からのメッセージが届きます。 「あれ?知らない人だ・・・なんだろう?」と思って開けると、挨拶文もなく名前も名乗らず、突然こんなことが書かれているのです。 「〇〇…

「通勤客減ってないですね」って言う通勤客

こんにちは、ドクダミ淑子です。 ただいま育休中。 まだ予防接種をしていない子どもがいるので、行動範囲は徒歩10分圏内ほどの生活を続けています。 TVは仕事をしていた頃に比べて、めちゃくちゃ見るようになった。 日テレを見続けているので、ZIP!→スッキ…

趣味にハマるか、オンラインサロンにハマるかは紙一重

こんにちは、ドクダミ淑子です。 「この番組は、西野亮廣エンタメ研究所は映画えんとつ町のプペルを応援しています、の提供でお送りします」 TVを見ていると、時々このアナウンスを聞きます。 なんだ、この長い台詞は・・・ カモられる若者? 西野さんについ…

言葉には、その人の考え方がにじみ出るから

こんにちは、ドクダミ淑子です。 1児のママの、はあちゅうさんと旦那(事実婚)さんの対談記事。 対談中にガチ喧嘩したりと、なかなか面白い記事だったのですが、その中で印象に残っている育児ネタがありました。 はあちゅう&しみけん「家族会議」子育てク…

自称バリキャリが「不妊ドックを制覇した」noteを読んだ

こんにちは、ドクダミ淑子です。 どうも!某人材系企業勤務(育休中)のモノリンガル妻、ドクダミ淑子です。 2017年7月に発信を始めてあっという間にTwitterで1.4千フォロワー、そしてはてなで更新しているブログは毎日****回閲覧されています。 いつもあり…

「他人の問題に口を挟むな」への違和感

こんにちは、ドクダミ淑子です。 私はこんなブログ3年半くらいやっているのですが、そうすると、たまにこういうリアクションがあります。 「他人の問題に首を突っ込むべきではない」 「当事者ではないのに、こんなブログを書くなんておかしい」 「そんなに気…

多様性のもとでは「間違った意見」は存在しない

こんにちは、ドクダミ淑子です。 私は夫のことが大好きなのですが、現在のところ、1つだけ相容れない点があります。 それは、LGBTの話です。 夫は、CMで男性同士の恋愛映画や恋愛ドラマのダイジェスト映像が流れると、必ずこう言うんですね。 「変態だ!」と…

SNSをやっていると、「変な人」との接点ができてしまう

こんにちは、ドクダミ淑子です。 これは、かなり前から予約投稿しているお話です。 ・・・ちょっと時間を置いた方がいいかなと思って、ですね。 『ドクダミ自由帳』を始めたのも、Twitterアカウントを開設したのも、2017年。 3年の間で、はてなの読者は300人…

「逃げ恥」は恵まれ過ぎているのだろうか?

こんにちは、ドクダミ淑子です。 1月2日に、『逃げるは恥だが役に立つ』ガンバレ人類!新春スペシャル!! が放送されましたね。 私は録画で翌朝に見ました。 ちょうど、妊娠~出産~育児という、我が家ではタイムリーなネタということもあって、時には「そ…

正月から迷走している人を見て思うこと

こんにちは、ドクダミ淑子です。 出産~初めての育児でバタバタしている中、ふと時間ができた時に「そういえば、はあちゅうさんはどうしているんだろう?」と思ってネットの世界を探してみました。 相変わらず精力的に活動されているようですね。 そう、精力…

私にとって「名前」って、割とどうでも良い存在なんだよな

こんにちは、ドクダミ淑子です。 ネットの中で、実名がどうの、匿名がどうの・・・って議論、あるじゃないですか? 私、本気でわからないのです。 「別に、どっちでもよくない?」って思う。 私の名前は沢山ある だって、私には色々な名前があるんだもの。 …

本だって情報商材と言う人は、本を読まない人

こんにちは、ドクダミ淑子です。 Twitterの海を泳いでいると、たまにこんな言葉が流れてきます。 「本だって情報商材だ!」 今回は、そんなお話を。 情報商材ってなんだ? そもそも、情報商材ってどういうものを指すのでしょうか? Google先生に聞いてみまし…

人と比べてマウント取るから、批判されるんだよな

こんにちは、ドクダミ淑子です。 少し前にこんな一連のツイートを見かけました。 実家の隣には同い年の女の子が住んでた 実家に行ったらたまたま隣のお母さんと遭遇して「結婚で川口に引っ越した」と言われた 六本木で一人暮らしとどっちが"上"なんだろうと…

コロナ観の違いって、結局価値観の違いだよな

こんにちは、ドクダミ淑子です。 少し前に、TVで「コロナ観の違いで人間関係に亀裂が入っている」みたいなトピックスがありました。 「コロナ観」とは、もう少し細かく言うと「新型コロナウイルスに対する価値観」という意味。 マスク着用・会食・旅行・職場…

努力してきた人が陥りがちな、選民意識について

こんにちは、ドクダミ淑子です。 産休に入って、ネットウォッチングがはかどる、今日この頃。 (といいつつも、産院に行ったり散歩したり・・・色々していますよ!) その中で引っかかった言葉があるのです。 それは・・・難関資格をお持ちの方や、自称イン…