ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

アラサー女、1人でひっそりお散歩飲みを楽しむの巻

f:id:dokudamiyoshiko:20180929001708j:plain

こんにちは、ドクダミ淑子です。

今日は、意識ド低い系のつぶやきをお送りします。

 

サラリーマンの一番の楽しみといえば金曜日。

金曜日といえば、フライデー。

1週間の仕事が終わったあとに、ぐびっと一杯、美味しいですよね。

 

私は自他共に公言するお酒大好き・ビール大好き人間です。 

www.dokudamiyoshiko.com

 

 

日本の酒に寛容な文化にどっぷりはまっている 

さて、よく意識高い系の方々は、世界と日本を比較して日本がどれだけ遅れているか、日本オワコンなんていう話を出してきます。

だいたい「アメリカでは~」とか「欧米では~」とか「それに比べて日本は~」とかそういう話をしていると思うんですけれども、私は日本の酒飲みに優しい環境っていうのは素敵だと思っています。

 

みなさん知ってますか?

日本ほどお酒に対するルールが緩く、いつでもどこでも飲めるって言う国はほぼないということを。

 

海辺で缶ビールをプシュ、道端でちょっと汚めのおじさんが井戸端会議、電車の中でUTAGE・・・そんなことができる国って日本以外にはほぼないと思った方がいいんですよ。

酒飲みの私は、その日本という環境最大限活用して、人目にあまり触れないようにしつつ、マナーよく酒飲みライフを楽しんでおります。

 

人に迷惑をかける行為は好きじゃないので、一応その辺は意識している(つもり)。 

www.dokudamiyoshiko.com

 

 

 

美味しいお酒が私の人生を作っていると思う

私は、お酒が好きです。

暴飲とかはしなくて、あくまでも食事と一緒に楽しむことがメイン(だから太る)。

そして、お酒と会話があるとなおよし。

1人なら、心がさっぱりするシチュエーションがほしい、風景とか空気とか。

 

外で飲むのも、開放的で好きなんですよねぇ。

私は学生時代は、大学の広場的なところでサークルの仲間と輪になって透明なプラカップでJINROを割りながら語り合ったり、1回だけですが公園で飲み明したり、オフィス街の狭間的なところで、帰宅するサラリーマンとビルの明かりを見ながら友達と飲んだりしていました。

大人になっても外で飲むのは好きで、海で語り合いながら、河原に腰かけて、公園でのんびり・・・外の風を感じながら飲むビールがたまらなく好き。

 

電車の中では、在来線の普通車両では飲まないけど、グリーン車や特急車ならOKっていう雰囲気で、ついついプシュっとしてしまう(肴はカニカマ)。

新幹線は、動き始めたら駅弁とビール。

 

でも、そんなことが(法的に)許されるのは、日本だけなんですよね。

オリンピックで法律は厳しくなっちゃうのかしら? 

ただでさえ長い通勤時間と、短い睡眠時間が問題の日本。

ぶらぶら歩きながら、電車で移動しながら飲んでもいいじゃない!

 

 

金曜日、一人で飲むの巻

さて、今日は金曜日。

金曜日といえば、TGIF!

Thanks God It's Friday!

日本語に直すと、「金曜だぜ、ウェーイ!」ですねぇ。

 

そんな今日、私は自宅から1駅離れた駅で下車しました。

1駅と言っても、私の家は隣駅とその隣の駅の間なので、1.5駅離れた駅に下車したことになります。

 

なぜって、それは運動を兼ねたお散歩と、お酒を一気に楽しむためです。

TGIF!

 

向かったのは駅から程近いセブン-イレブン。

そこで私はキリン一番搾りと、「ななチキ」を購入しました。

「同じ袋に入れてもイデスカ?」という言う外国人のお姉さんに「Yeah!!」と大きな声で答えて、冷たいビールと熱々のななチキを一緒に入れてもらい、店を出た瞬間に冷たいビールをすぐに取り出しました。

 

さあここからは私の一人金曜日のお楽しみ。

一番搾りのプルタブを勢いよく開け、一口ぐびっと飲み、ビールならではの苦味をクゥゥゥゥーッと味わい、飲みながら歩く、歩きながら飲み・・・そうすると段々良いが回ってきます。

 

外の空気はちょうどいい 気持ち良さで、ビールは進むし、汗ばむほど暑苦しくないし、風も気持ちいいし・・・と、ずんずんと歩きながらビールを飲みます。

 

さて喉が潤ってきたところで、ななチキの出番です。

ななチキ。

それはセブンイレブンが揚げ鶏をさらに改良して出した、肉感溢れるホットスナック。

ジューシーでスパイシーで、それでいて、衣は薄めなのでローカロリー(と思いたい・実際200kcalくらい)と、割とポイントの高いチキンです。

ビールの苦味に慣れた口に、ジューシーでスパイシーなチキンを放り込む。

今度は肉汁とスパイスの香りとで、口の中にさっきまでと違う香味がブワっと広がる。

そしてビールでまた上書きをする・・・。

 

ななチキは、二口で食べてしまいましたので、ビールが残りましたが、まだビールを飲みながらぶらぶら歩きます。

 

1人飲み、散歩飲みで注意しなければいけないことは、周りに迷惑をかけないこと。

そして周りを不快に思わせないこと。

なので、今回は人通りがあまりないけれども、車の往来は多い、比較的広い道をぶらぶら歩くコースをセレクト。

 

1駅歩いて、いつもの駅に着いたころには、ビールもチキンもなくなっていました。

さぁ、今から夕飯の支度をするぞ。

主婦モードに切り替え、駅前のスーパーに向かう私とすれ違う人達。

 

ん?と見ると、手には「ストロングゼロ」。

次に歩いてきた人は、「ファミチキ」。

 

みんな考えることは一緒なのね。

両方楽しんだ私は、なんとなく優越感に浸りながら、スーパーのカゴを持ち、自動ドアを開けるのでした。

 

 

こちらもどうぞ 

www.dokudamiyoshiko.com