ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚30代女、ドクダミ淑子の毎日

【マンガ感想】偽装不倫(5)相手の気持ちなんて、結局見えないのだ

こんにちは、ドクダミ淑子です。

 

TVドラマ『偽装不倫』が終わったようですね。

結局1回も見なかった・・・

 

しかし、マンガ版は買い続けています。

LINEマンガで無料なのも知りつつ、ついつい紙を買ってしまうのは、きっと私がババアだからなのでしょう。

だって、まとめて紙でガーっと読みたいんだもの!

 

5巻が出ていたので、買って読みました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

偽装不倫 5 [ 東村アキコ ]
価格:1045円(税込、送料無料) (2019/10/4時点)

楽天で購入

 

 

5巻のあらすじは?

公式サイトによると、こんな内容です。

 

ジョバンヒがインスタグラムにあげた写真を頼りに、花巻市を訪れた鐘子。ようやく会えた時、彼が周囲に隠してきた病状が悪化し……。

 

うすぅー!

うっすいよぉ!!

 

しかし、5巻の内容は大体これでまかなえてしまうというところもあります。 

 

 

恋は思い込みなのだ

以前、3巻の感想で「恋って結局シチュエーションが重要で、そこにストーリーがあれば恋に落ちてしまうのだ。相手なんて実は関係ない」というようなことを書きました。

そして今回思ったのは、同じようなことで、相手に好意を持つことだって、思い込みなのだ、ということです。

 

鐘子さんは他の女の人と違う

大人で、優しくて、落ち着いてて

 

ジョバンヒは主人公・鐘子のことをこういう風に褒めます。

そして、「結婚していてもいいから、今だけは僕のものになって」なんて愛の言葉をささやきます。

 

でも、読者である私は鐘子の心の中を見ているから、そんな人には全く見えません。

そして、鐘子本人も自分はそんな女ではない、と否定します。

 

私、誰のものでもないよ

私、ずっと1人なんだよ

全然モテないし、婚活だって途中で投げ出しちゃったし

仕事だってフリーターみたいなもんだし

私、何者でもないんだよ

だから、結婚しているフリをしたの

何者かになりたくて

 

そして、この期に及んでも「私、本当は結婚なんかしてないの!嘘なの!」と言って彼を安心させることができず、ウジウジグジグジ・・・やっているわけなのです。

落ち着いた、大人の女なんてわけではないのです。

ジタバタしながら、脳内のたんこぶ(タラレバ娘でいう、タラとレバみたいなやつ)と自問自答し続けている、大人になり切れない女なのです。

 

結局、人間って、表面で見えていること(外見・声・喋り方・話の内容)で内面はこういう人だろうと思い込み、その虚像を好きだとか嫌いだとか言っているんだなと、改めて思うシーンでした。

 

 

「嘘」はついちゃいけないなぁ

そんな「恋なんて思い込みだ」と再度感じたのが、5巻でしたが、改めて「嘘」って面倒だなぁと思いました。

1度嘘を吐くと、それをカバーするために嘘を吐き続けなければいけないくて、どう考えてもボロが見えているところでも、嘘を上塗りしなければいけなくなります。

やっぱり、そういう細かい設定を忘れずに覚えて置き、嘘を吐くときにその設定を思い出して嘘を作って、面倒くさいことなんですよね。

 

私はずっと、「彼氏いない歴=年齢」のときも、「元カレが1人いる設定」だったので、その嘘の上塗りはめちゃめちゃ面倒でした。

一応、設定がブレないように、「大学時代の同級生の○○君と付き合っていたことにしよう」「大学の同級生に対しては、バイト先の△△君と付き合っていることにしよう」と決めて、それぞれ上手いこと嘘をつけるように工夫していました。

でも、それも面倒だったな。

 

「彼氏いない歴=年齢です!」ってキッパリ言えていたらどんなにラクだったのだろう。

そして変な見栄を張らなければよかった。

・・・今でもそんな後悔があります。

 

だからこそ、鐘子の「偽装」に対してイライラしながらも、わざわざ買って読み続けている理由なのかもしれません。

 

ベタな韓流ドラマのような展開になり、そろそろオチが見えてきそうな流れ。

終わるのは惜しいですが、なんだかんだで楽しみです。

 

 

こちらもどうぞ 

www.dokudamiyoshiko.com