ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚30代女、ドクダミ淑子の毎日

Amazon Echo の CM は何でこんなにキモいのか?

f:id:dokudamiyoshiko:20190904072158j:plain

こんにちは、ドクダミ淑子です。

 

「アレクサ、母さんに電話かけて」

 

このCM、すっごく違和感があったのです。

 

でも、なぜ違和感があったのかっていうのを今までじっくり考えてきませんでした。

「なんか違和感」「なんか不快」ってレベルだったんですね。

 

ところが最近、このような記事が私の大好きなゴシップサイトに載っていました。

www.officiallyjd.com

 

読んでいて、確かにこの CM にはキモさがてんこ盛りになってるなと思ったので、今回はこの話を書いてみましょう。

 

 

「すべてが不快」を洗い出してみる

まずこの CM のキモい点を洗い出してみましょう。

 

1.なんでもママに聞いちゃうところ

「アレクサ、タイマーかけて」この CM はそんなシーンからスタートします。

そして突然母さん登場。

しかも画面越しです。

 

「にくじゃがが、母さんの味にならないよぉ~」なんて泣き言を言います。

 

「母さんの味」を求めているのでしょうか?

・・・と思ったら違うんですよね。

 

これって「彼女が家に来るのに、母さんの味のにくじゃがを食べさせようとしている」のです。

「これが母さんの味だよ、君も覚えてね!」という男性。

彼女だったら尻尾をぐるぐる巻きにして逃げ出す案件かもしれません。

 

 

2.肉じゃがを作らせないママの支配欲?

そして母さんは、なぜかカレールーとケチャップそしてすりおろし生姜を入れてカレーにすることを提案します。

ネット上で、肉じゃがを作りたいという息子のリクエストに応じず、カレーにアレンジするという行為を、こういう風に捉えている人もいました。

 

  • 息子を自分のいいようにコントロールしたかったのではないか?
  • 母さんの味の肉じゃがを他の女に食べさせるのを嫌がったのではないか?

 

確かにそういう説もありそうです。

でも、肉じゃがの味付けを遠隔でやるのは難しいから、カレーにしたのではないかとも思います。

 

 

3.カレーになるってわかるだろ?芝居か?

そして、「カレールー出して」と言われておきながらも、カレーの気配に気づかない息子。

そして最後に「母さんこれって・・・」「そう、カレー♥」なんていうやりとり。

 

これって、茶番ですよね。

 

カレールーを入れてカレーを作っていると思わない料理男子がいたらおかしい。

肉じゃががうまく味付けできないのも納得できます。

 

 

4.歴代彼女を把握して「今度はどんな子?」と聞くママ

まだまだ続きます。

「ねえ今度はどんな子なの?」という母の言葉。

 

少なくとも直近の彼女は知っているというようなことですよね。

彼女ができるためにお母さんに紹介しているような男性と聞くととても報連相ができているなと思う一方で、別に結婚しないのにすぐに紹介して、別れたら報告する、なんでもママに話す人ってどうなんだろう?とも思ってしまいます。

ママが一番の理解者で、ママに判断してもらっているような気がしてしまって、精神的に自立しているのだろうか?と思ってしまう。

 

 

5.用事が済んだらガチャ切り 

どんどん行きましょう。

私がこのCMを見て一番腹が立ったのは、自分から電話をしておいて「今度の彼女は?」なんて聞かれた途端に電話を切ってしまうシーンでした。

 

なんでそっちから勝手に電話して、肉じゃがの作り方なんていうくだらないことを聞いておきながら、彼女について聞いたらニヤニヤ笑いながら「アレクサ、電話を切って」なんて、ひどいだろ・・・

 

 

6.デート用のプレイリストがキモイ? 

ラストです。

「家で一人で、デート用のプレイリストを作っているというのがキモい」という意見もありました。

 

でも、私はこれはキモいっていう風に言えません。

なぜなら、私はドライブ用の CD やカセットテープ MD などを自分で作って ウキウキしながら持って行っていたタイプだからです。

 

 

 

自立できない息子、支配したい母というコンボなのか

こんな感じで、キモいキモいという風に言われているこのCMですが、細かく見ていくと、やっぱりちょっと嫌な感じがします。

 

気になるのは母と息子の関係。

何でも話せる関係と言ったら響きが良いかもしれませんけれども、ちょっとしたこともテレビ通話でお母さんに聞いちゃう一人暮らしの男性が母離れできているかというと疑問だし、母もそんな息子の相手をしつつ自分の思う通りにコントロールしてきそうで怖い。

 

「ねぇねぇ、今度の子、また家に連れてきてもいいのよ」

「今度の子はちょっと気が強そうね。息子くんとは合わないんじゃないかしら?」

そんな話もしてそう・・・(完全に妄想)

 

Amazon Echoは便利だよというCMなのかもしれませんが、「ママー、ママー!」というのと同じようにアレクサアレクサと言う、あまり自立できていない現代の男性の姿を出し表しているという風にも読めます。

 

そして、肉じゃがの味付けにカレーとケチャップと生姜の入った白滝入り塩分濃いめカレーを食べながら、「本当は肉じゃがだったんだけど母さんが・・・」なんて話をされたら、私だったら「今度の子」の座を潔く辞退すると思いました。

 

 

 

こちらもどうぞ

 

www.dokudamiyoshiko.com