ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

台風の日にやってくるカップケーキ売りがいた

f:id:dokudamiyoshiko:20180808200119j:image
こんにちは、ドクダミ淑子です。

 

私の勤める会社が駅徒歩5分のオフィスビルにいたころ、5年以上前の話です。

そこには、たまに変な来客がありました。

 

 

セキュリティが雑で、知ってる人は誰でも侵入できる

そこは、セキュリティがそこまで厳しくなく、夜19時以降は正面玄関からは入れなくなるのですが、裏口から入れるようになっていました。

オートロックにはなっているのですが、閉めてしまうと色々と面倒なので、モノを挟んで常に閉まらない状態にしていました。

つまり、裏口からなら夜遅くまで通行可能。

 

私のオフィスも施錠はされていないので、誰でも入ろうと思えば入れるような状態。

とにかく、今時のオフィスビルにしては、セキュリティがめちゃくちゃ雑だったということです。

 

 

台風の日にやってくる人がいた

そのビルにいた当時は、THEブラック企業でした。

今だったら信じられませんが、台風でもなんでも、仕事が終わらなければ帰ってはいけないと言う方が「当然」。

 

ですので、18時~22時が再接近というその日は、22時以降に帰ればいいや~という感覚で仕事をしていました。

 

誰もが帰りたいけれども帰れない、集中力が切れて業務効率が地平線になるような中・・・

 

ガチャ

 

「あのぉ・・・ごめんください」

 

そこには、若い女性がいました。

 

 

テンプレのように、営業トークは同じ

その女性はずぶ濡れで、髪の毛からは滴がしたたっていました。

その滴をボタボタとたらしながら、たまたま近くにいた社員に声をかけます。

 

「あの、私・・・山形から来ました」

なぜこんな日に山形からやって来た?

 

「カップケーキを売っているんです」

山形はなんの関係が?

 

「売れ残っちゃって、まだ会社に帰れないんです」

おお、大変だねぇ・・・

 

「人助けだと思って、買ってくれませんか?」

カップケーキが人助け???山形関係あるの??

 

まぁとにかく、こんな演出をして、モノを売ってくるのです。

 

  • 田舎から出てきた苦労人
  • 雨の中をずぶ濡れになってさらに苦労感倍増
  • 残業タイムに小腹を満たすものを売りに行く
  • ノルマが残っているので帰れないと泣きつく
  • 相手も台風の中残っているブラック企業、同情作戦を誘う

 

 

気になるカップケーキのお値段

ところで、そのカップケーキはおいくらなのかというと・・・

 

3個で1,000円!

高いっ!

 

しかしオフィスにいるのは5人・・・

2個買ってくれますよね?的な怪しく光る、濡れた長い前髪から覗く濁った目・・・

 

そう、書き忘れていましたが、この手の販売員は、なぜかよく日焼けをして、髪は染めずにボサボサ、メイクもほとんどせずスッピンなのです。

 

本気で売れるまで帰らなそうなことを言っていたので、うっかり対応してしまった人が面倒くさそうに千円札を出し、カップケーキ売りの少女は去っていきました。

 

そしてカップケーキをもらいましたが、パサパサして、口の中の水分を持っていくだけ持っていきました。

 

 

労働マルチってやつらしい

このカップケーキ売りは、道端で突然声をかけて野菜を売る人と同じようなジャンルの「労働マルチ」というあくどい会社に搾取される、かわいそうな人のようです。

 

九州や東北から来た人気のドーナツとかクレープとかワッフルとかが、1個100円とかで売られているのも、似ている気がする。

そんな薄利多売で、遠くまで出てくることでどう採算がとれるのか、まったくわからないからね。

 

 

自分も他人も幸せにする仕事をしたいなと思う

今もそのカップケーキ売りの人がいるかは、わかりません。

勤務先は、駅前のキレイなオフィスビルに移転し、カードキーがないと夜には会社に入れなくなりましたから、変な人はもう来ません。

 

ブラック企業の顧客はブラック企業ならば、私の働く会社は少しはホワイトニングされているのでしょう。

 

台風のカップケーキ売りを思い出すと、自分もハッピーに仕事をしたいし、周りの人にも「面倒だから買う」って思わせないような仕事がしたいと思います。

わざわざずぶ濡れになって、美味しくないものを高く売るような仕事は、これから先もしないで生きていきたい、私なのでした。

 

 

こちらもどうぞ 

www.dokudamiyoshiko.com