ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

なんでもランキングから選ぶ男をカワイイと思う心の余裕を持つべし

f:id:dokudamiyoshiko:20180619204736j:plain

こんにちは、ドクダミ淑子です。

 

デートは映画に行って食事の定番コース、行く店は食べログの評価が高い店ばかり、プレゼントは女性に人気といわれるブランドの人気商品・・・定番やランキング上位のところばかりを選ぶ男性、いますよね。

私の夫もそんな男性の1人でした。

 

そんな男性にうんざりしている女性がいるなら、ぜひ大きな声で言いたい!

 

かわいいじゃないか!

その心意気をちゃんと見てやれよ!

 

今回はその理由についてを書いていきます。

 

 

夫とのデート時代、定番コースにちょっとモヤモヤしていた時期もあった

今となってはこんな記事を書いていますが、ぶっちゃけ、付き合う前のデート時期や付き合いたての頃には、なんでこの人、こんな定番コースばかりでデートをするんだろう?と疑問に思っていました。

 

映画館・水族館・遊園地・有名な展望台・激混みの寺での初詣・話題の美術館・・・などなど。

正直あまり馴染みのない場所というか、「どうせデートで行くんだろ、クソが」と非モテ女の遠吠えをしていたところに行くことになり、ちょっとひねくれ心が出てしまっていました。

でも、ひねくれ心は封印して、普通に楽しむようになって・・・付き合うことになりました。

付き合ってから、ランキングに頼る理由がわかるようになりました。

 

 

なぜ、ランキングに頼るのか?

なぜ、デートコースを考えるときに、定番を選ぶのでしょうか? 

一言で言ってしまうと、慣れていないからだと思うのです。

 

デートに慣れていない

デートに慣れていないので、どこに行ったらいいのか全然わからない、だから「みんなの意見」のランキングから選ぶのです。

私と彼が出会ったのは、お互いアラサーの時期。

それで二人ともデートに慣れていないとなると、どこで学ぶのでしょうか。

ネットしかありませんね。

そこで検索すると、ランキング記事が上位にあるので、そこにスポっとはまります。

 

相手をがっかりさせないためにも、無難=定番は正義

「無難」というと、なんだかマイナスワードに聞こえますが、「難が無い」と考えると別に悪いことではありません。

すごく良くはないかもしれないけれども、悪くはない。

むしろランキング上位ってことは、大半の人が良いと思っていることです。

冒険してがっかりさせるよりも、定番を抑えたい、その考えは、別に間違っていないと思うのです。

 

休日は家に引きこもっていて外の世界のことを知らない

これが一番の理由なのですが、付き合いだしてから、徐々に家でゴロゴロしたり、映画を観たり、ゲームをして1日を過ごすことが増えてきました。

むしろ、デートで外出しまくっていたのが仮の姿で、本性は休日引きこもりでした。

デートに毎週お出かけしていたのは、結構無理していたんだなと思い、「頑張っていたんだね」と優しい気持ちになりました。

 

 

ちゃんと調べていることは偉いじゃないか

初デートでサイゼってどうなの説とかが話題になったこともありましたね。

私も20代の初デートがサイゼは「なし派」なのですが、それに比べたら、ランキング男は各段に良いじゃないですか。

 

もしかしたら、仕事が忙しい中、必死に調べているのかもしれません。

時間がないのでランキング記事ばかり読んでしまうのかもしれません。

でも、そんな中でもしっかり考えてくれていることに、感謝の心を持ち、楽しめる方がなんか人生前向きハッピーになれそうな気がするのです。

 

 

文句を言う女は、自分で行きたいところをプロデュースすべし

それでも、定番デートばかりする男性が許せない!と言う人は、狙う層はモテ男子しかないと覚悟した上で、そこに立ち向かうか、自分でデートコースをプロデュースしてみるべきだと思います。

意外と、計画することの大変さを理解できるかもしれませんよ。 

 

「私の好みを理解して、それに合わせてプランニングしてほしい」

それができる男性がどのくらいいるのでしょうか。

ちなみに、私の周りの大半の男性は、女性の好みを察する能力は備わっておりませんし、その女子のアクセサリーがシルバー・ゴールド・その他どれが多いのかすら理解している人はほぼいないと思います。

 

 

こちらもどうぞ 

www.dokudamiyoshiko.com