ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

「絶対に年収1000万円以上の男性と結婚したい」という優香にダメ出ししたい

f:id:dokudamiyoshiko:20170921213009j:plain

こんにちは、ドクダミ淑子です。

最近ネットだけですが騒がせている、「絶対に年収1000万円」問題。

今回はこれについて、私の意見をまとめていこうと思います。

 

www.yomiuri.co.jp

 

今回相談として出てきたのは、優香(仮名・32歳)。

 

優香はこんな感じのことを言います。

  • お金に困っているわけではないけれども、高収入、年収1000万円の人と結婚したい
  • 高収入の男性と一緒だと仕事を辞めたいときに辞められる
  • 広い部屋に住みたい
  • 子どもは私立の学校に行かせたい

 

優香は、プライドの高さがにじみ出ます。

  • 私はの考えは変ではない(周りにも同じ考えの人がたくさんいるから)
  • 見た目には気使っているつもり
  • 家事スキルはそれなりに自信がある
  • (お金だけじゃないって言われたら)それは分かっています!
  • 友達に頼めというアドバイスに対して一言目に「ちょっと恥ずかしい」と出てくる

 

優香は、32歳美人ではないと自覚しながらも、相手にはこだわります。

  • 高収入だからと言って、面倒臭い男は嫌
  • 高収入だからと言って、見た目がタイプではないと嫌
  • 高収入だからと言って、老け顔だと嫌
  • 高収入だからと言って、40代以上は無理

 

優香は、野望が大きいのに、自分の努力や婚活を面倒臭がります

  • (お金と時間をかけて出会ったら?)それは難しい
  • コンサルから7か月経っても、とりあえず高収入を追いかけている

 

高収入を本気で狙うために、絶対に必要なことは?

優香の婚活について読んでいて、圧倒的に足りないものが見えました。

それは・・・戦略

戦略が圧倒的に足りないのです。

なんで年収1000万円?という「目標設定の理由」も、突き詰めてみると「友達もそういっているから」という意見っぽいし。

年収1000万円の人(ターゲット)がどこで何をしている人なのか?どこに行ったらその人に会えるのか?という狙いどころもあやふやだし。

ターゲットがどういう女なら結婚したいと思うのか?も理解できていないし。

とにかく、何も考えずに「年収1000万!以上!(キリッ)」と言っているだけに見える。

 

高収入は早く結婚するので、20代半ばまでに捕まえるのが鉄則

32歳なら理解できていないとやばいのですが、高収入男性で性格に難が少ない人は、若いうちに結婚していく人が多いです。

なので、彼らを捕まえたいなら、若いうち、20代半ばまでに捕まえるのが鉄則です。

優香は今まで4人の高収入の男性と付き合ってきたので、高収入男性が減るタイミングが見えなかったのかもしれませんが、周りをよく見ていれば、その波が見えたはずです。

 

なんで32歳まで独身なのに気づかない?

こう書いてみると、優香は、周りが見えていないのかもしれません。

4人と付き合ったけれども、結婚に至らなかったということは、結局高収入が結婚したいと思ってもらえない女だとも気づいていない。

「高収入がいいよねー」と言っている、たくさんいる周りの友達は独身だと思うけれども、それが独身の理由にあっていることにも気づいていない。

32歳独身ということは、40代以上も狙っていかないといけない年齢ということも理解できていない。

とにかく鈍いなぁと思いました。

 

コンサルタント木村は優しいけれども、核心をついている・・・けれども優香はわかっていない

このコンサル木村はとても丁寧でありつつも、核心をつくことを言ういいコンサルだなぁと思います。

  • 結婚にも至っていない=あまり愛されていないのでは?
  • 美しさ、若さ、癒やし、家事スキルが大事(だけど、持っていないんじゃない?)
  • 「高収入の男性と結婚したら幸せになれる」という考え方はNG
  • 高収入の男性と結婚してもお金以外のものは二人で作り上げていく

こんなことを言いながら、優香に「それでも、年収1000万円にこだわるの?(やめたら?)」と言っていますが、優香はあまり気づいていません。

 

優香よ、もっと周りを見て、高収入を狙う女らしく、賢く婚活せよ

色々と書きましたが、どうしても年収1000万円にこだわるなら、とにかくプライドを捨て、周りをよく見て、(男性にはそう感じさせないようにしつつ)がむしゃらに活動すべきです。

それができないなら、年収1000万円の男性はあきらめた方がいい。

まだ32歳、婚活も頑張ればどうにかなる可能性もあります。

同い年の優香には、ぜひ頑張ってもらいたいということで、この話は締めたいと思います。

 

こちらもどうぞ 

www.dokudamiyoshiko.com