ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

住宅ローン否定派が絶対に言わない「団信(団体信用生命保険)」の話

f:id:dokudamiyoshiko:20181016000929j:plain

こんにちは、ドクダミ淑子です。

 

最近、住宅購入に向けて研究をしているのですが、その中で出てくるのが「賃貸か?購入か?」という話。

 

賃貸派からすると、住宅ローンを35年もの長期で組むことがリスクだし、転職や転勤もできないし、自由に引っ越しを繰り返したほうがラクじゃね?という話があります。

 

しかし私はやっぱり購入派かなぁと思います。

 

 

購入した方が設備が整っていて快適に過ごせる

例えば、設備。

私の住んでいる地域の賃貸にこれが全部ついているとなると、家賃は結構上がります。

  • オートロック
  • 宅配ボックス
  • 浴室乾燥機
  • 床暖房
  • 二重サッシなどの断熱
  • 二重床&二重天井

でも、購入だと全部が標準でついているんですよね。

購入したほうが、今よりも快適に暮らせるようになると思うのです。

 

できるだけ安く住みたい、スキマ風が吹こうとも、虫がでようとも、どうでもいいという人なら賃貸でボロ家でもいいかもしれないけれども、私は家が好き・こもるのも好きなので、やっぱり長くいる空間は快適にしておきたいと思う派です。

 

 

住宅ローンは超低金利

住宅ローンは35年ローンでうんぬん・・・と言われますが、現在金利が1%以下なので、うまく活用すれば、住宅ローンと付き合いながら金利以上の資産形成だってできるんですよね。

「運用できるまとまった貯金があれば」という条件がありますが・・・。

 

 

万が一の時に生命保険になる

そして、ここです。

住宅ローンには、団信というものが大体ついているというのはご存知でしょうか?

 

団体信用生命保険(団信)とは、住宅ローンの返済中に万が一のことがあった場合、保険金により残りの住宅ローンが弁済される保障制度です。

住宅ローンを利用する場合には、万一の不測の事態も考えなければなりません。そのとき収入が激減すれば、たとえ一般の生命保険に加入していても、受け取った保険金を生活費に回さざるを得ず、マイホームに住み続けるのは難しくなります。

そんなとき、団信に加入していれば、万が一のときに、生命保険会社から支払われる保険金によって住宅ローンの残債務が弁済され、残されたご家族に住宅ローンが残らず、マイホームに安心して住み続けることができるのです。 

 

※こちらから引用しました。 

www.aruhi-corp.co.jp

 

え!? これすごくない?

 

残された配偶者と子どもが、一生住み続けられる家がもらえるってことですよ?

これが賃貸だったら、賃料を一生払わなければいけない・・・全然違いますよね。 

 

配偶者に何もないのが一番ですが、下手な生命保険に入るよりも、万が一のことがあっても安心して住み続けられる制度。

それが住宅ローンに含まれているんですよね。

 

 

住宅ローン全否定派は、住宅ローンの良い点は言わない

なんか最近、昔ながらのものは全部否定してやるぜ的な主張を目にします。

住宅ローン全否定派もしかり。

 

でも、そういう風に、「住宅ローンは100%悪だぁ!」という人は、団信のような話は全く触れません。

だから、どちらの意見もきちんと聞き、その上で判断しないといけないのです。

 

 

お金の話は勉強したり、FPから聞かないと知らないことが多い

そしてもう一つ気づいたことがあります。

お金の話は、ネットで調べただけではよくわからないのです。

そして、素人に毛の生えたような投資ブロガーが書いているようなもの、アフィリエイト目的のようなサービスがズラリと並ぶネットの世界では、いい情報になんて辿り着けないことが多いのです。

 

ちゃんとしたサービスであればあるほど、ネットではなく対面で、自身の資産状況やライフプランをもとに組んでいくなのだなぁと、思ったのでした。

 

 

 

 

こちらもどうぞ 

www.dokudamiyoshiko.com