ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

アラサー女性がスポーツジムに通うときの心得(対男性編)

f:id:dokudamiyoshiko:20170704193940j:plain

こんにちは、ドクダミ淑子です。

 

前回のブログで、ジムに通う女性のパターンと、アラサー女性がガードしなければいけないことについて確認した。

www.dokudamiyoshiko.com

では、スポーツジムにはどんな男性がいるのだろうか?

男性は大きく分けると、4パターンに分類される。

 

スポーツ大好き!鍛えたいメンズ

ジムに通う男性というと、このイメージが強い。

都心のジムではさわやかな汗を流すメンズや、高級ジムでマンツーマンレッスンをしているメンズがいるらしいが、ちょっと郊外、自宅の近くだから通っていますみたいなジムだと、残念ながらこの部類のメンズも希少種になる。

そして、さわやか系メンズだと思ったら、なぜか暇人女性と同じグループに属していたりする。

ひょっとして、おばさんグループの方がリア充なのではないか?と負けた気持ちになる。


いつまでたっても現役!なぜかムキムキの中高年

これが一番やっかいな人種である。

50代・60代なのにムキムキ。めっちゃムキムキ。

なぜやっかいかというと、ムキムキを自慢したいのかわからないが、露出度がかなり高めのウェアを着ている率が高いからである。

尻だけ隠して太ももは全開!のぴっちりパンツや、ヨガなのにいろいろと余裕がある短パンなど、とにかく目のやり場に困る。

そして、汗も気にしない。汗が飛び散ってきたりするのもマジで不快・・・なのに気づく素振りもない。

さらに、だいたい鼻息が荒い。ひどい人だとオナラもする。

この人種については、近寄らないのが一番である。自然と近寄ってくることもあるが、とにかく距離をとることを心掛ける。

ヨガをしていてふと顔を上げたら、おっさんのすね毛が見える、こんなシチュエーションに耐えられないという人は、女性専用ヨガに通うことを激しくお勧めする。


やっぱり男性も!デブというかむしろ巨漢

「おなかにソフトバレーボール入ってますよね?」という人はいる。

そしてなぜかおなかポンポコなのに美脚のこともある。

しかし、女性とは違うのは、デブな男性は少しずつ痩せていく。

筋肉量が増えやすいからだろうか?うらやましい限りである。

 

「若い女性と出会いたい」んですね、下心が丸見えですよ!

たまに、若い女性とグループで、エアロビに行っている男性もいる。

女の子も、男性にちやほやされるのがまんざらでない様子で、大体こういう人達は、スタジオレッスンに参加し、参加前にはみんなでおしゃべりし、レッスン後はみんなでストレッチをするのが流れになっている。

大体女子は大学生とか20代前半くらい、アラサー女子とは肌のハリも違います。

ちやほやされて・・・う、うらやましくなんてないからねー!


まとめ:清潔感のない男が嫌いな女性・ひがみがち女性は、女性専用ジムへ

結局、女性も男性も、スポーツジムに通っている人種は、あまり私の好みではありません。少なくとも、今通っているジムの人を見た限り。

だったら、働く女性がたくさん入っているような、女性専用ヨガのほうがいいのではないかと思ってしまいます。

 

全国150店舗以上を展開する“日本最大級のホットヨガ専門スタジオ”LAVAは有名ですよね。
私の同僚も通っている人がちょこちょこいます。

まぁ、今のジムは安いし私は孤独に、ジジババに負けず頑張っていく所存でございます。

 

こちらもどうぞ

www.dokudamiyoshiko.com