ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

事実婚と夫婦別姓問題について、働く既婚女が考える

f:id:dokudamiyoshiko:20180716152518j:plain

こんにちは、ドクダミ淑子です。

 

とある方が

結婚しました。(事実婚です)

 

というツイートをしたことで、色々と話題になりました。

 

お互い独身同士でなんで事実婚なんだろう、なんで結婚しないんだろう、という疑問には、彼女はまだ答えていません。

 

結婚しない人の一つの考え方として、夫婦別姓のままでいたいからという意見もあると思います。

そこで今回は、私自身の経験と、夫婦別姓問題についてを書いていこうと思います。

 

 

結婚するときに、「名字はどうしますか?」と聞かれた

私の勤める会社は、結婚後の呼び名を自由に選択できます。

旧姓のままで仕事をする人もいるし、新姓に変える人もいます。

 

私は即座に、「そのままで行きます」と回答しました。

  • 会社のメールアドレスを変えるか、メールだけは旧姓のまま
  • 名刺を変える
  • お客様と「(旧姓)さん・・・いや(新姓)さんだった」みたいなやりとり
  • 社内での呼び方でも、同様のやりとり

こういうのがすべて面倒臭いと思ったんですよね。

 

わざわざ、結婚したので、名字が変わりますとあいさつするのも面倒くさいし。

 

 

LINEの名前は、両方記載に変えた

この要領で、すべての名称を旧称のままで行こうとしていた私ですが、姑や夫親戚とLINE交換するタイミングで、LINEの名前は変更しました。

新姓と旧姓と両方書いてから、下の名前、って書き方です。

 

ずっと旧姓だと、なんだか姑には「結婚したことを後悔しているのでは?」といらぬ心配をかけてしまうのではないかと思ったからです。

いらぬ心配はかけさせる必要はないからね。

 

 

 

名字が変わったからと言って、私自身は変わらない

でも、名字が変わったからと言って、自分自身が変わったというイメージは全くありません。

よく、夫婦別姓を主張する人の意見として、「自分のアイデンティティがなくなったような気がする」と言う話を聞きますが、何を言っているのか、正直よくわからない。

 

名字が変わったからといって自分がなくなるなんて、そんな自分は元々あるのか?って思ってしまうのです。

 

ちなみに、ドクダミ淑子という名前は、画数的に最悪のようです。 

www.dokudamiyoshiko.com

 

 

でも正直、面倒臭いと思うこともある

このように、旧姓で仕事をし続けている面倒くさがり屋の私ですが、正直「変えなかったことが面倒くさいな」と思うシーンもあります。

 

免許証は2枚持ち歩いている

免許証は、2枚を持ち歩いています。

セキュリティの厳しい施設などで、名刺を見せた後に身分証明書を見せてくださいと言われる時などもあります。

そういうときに、表面:旧姓+裏面:新姓の古い穴あき免許証を見せて、説明をするのです。

その古い免許証と現在の免許証の両方を持ち歩いているのです。

カードが1枚増えます。

 

印鑑も2通り持っている

会社で印鑑を押すときに、通常の業務・確認用は旧姓ハンコを、源泉徴収など本名じゃないといけない場合は新姓ハンコを押すので、両方持ち歩いています。

これも、持つハンコが1本増えています。

 

手続きは正直なところ、全部は終わっていない

面倒くさがりなので、重要な手続きは終わらせたのですが、スポーツジムや複数ある銀行口座やクレジットカードのいくつかは、旧姓のままです。 

いつ終わらせるのだろうか・・・きっと当面やらないだろうな。

 

 

すぐ「損」「得」で考える人は、結婚に向いてないと思う

「氏名変更の手続きは面倒臭い、なぜ女性だけがこんなに面倒な手続きをしないといけないんだろう 」

「女性ばかり損している」

夫婦別姓を語るときに、こんなことを言う人もいます。

 

「損」「得」で物事を考えると、結婚なんて「損」がたくさんあります。

だって、今までの生活と変わる点があるから、それで戸惑ったり、面倒なことはあるでしょう。

でも、そんなことばかり言っている人は、そもそも結婚にあまり向いていないと思います。

 

 

冒頭の彼女がどう考えているかはわかりませんが、事実婚といえども夫婦になったのだから、お互いを助け合い、慈しみ合い続けられる関係であることを心よりお祈りしたいと思います。

 

 

こちらもどうぞ 

www.dokudamiyoshiko.com