ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

彼氏が結婚を考えてくれない時の原因と対処法を営業のテクニックから考えよう

f:id:dokudamiyoshiko:20170925225706j:plain

こんにちは、ドクダミ淑子です。

アラサー彼氏あり女性は、「彼が結婚しようと言ってくれない問題」というのを抱えていることが多いと思います。

何を隠そう私も、26歳で付き合い始めて、3年くらいした29歳は非常にモヤモヤしました。

 

初めての彼氏ということもあり、「次付き合う人とは結婚!」とか「30歳までに絶対結婚!」とかではなかったので、モヤモヤくらいで済んでいましたが、モヤモヤだけでは済まされない女子も多いと思います。

そこで今回は、プロポーズを待っているアラサー女性へ、受注をいただけるような営業テクニックを伝授しようと思います。

 

売れない営業は、とにかく「買ってください」と言ってしまう

私は営業として10年くらい仕事をしていますが、売れない後輩はこんな営業トークをします。

 

「この前提案したプラン、いかがでしょうか? あ、まだいいですか・・・じゃあまた電話しますね」

・・・それから2週間後、また電話をします。

「この前提案したプラン、いかがでしょうか? あ、まだいいですか・・・じゃあまた電話しますね」

 それを何回も繰り返しているうちに、お客様からこう断られることになります。

「いつも電話してくれて申し訳ないんだけれども、まだいいから。必要になったらこちらから連絡しますので」

 

こう言われて連絡しづらくなって、フェイドアウト・・・もしくは、それでも「いかがですか?」と言い続けて、ちょっと怒られる、こんな風になってから、先輩(=私)に相談しに来ます。

 

お客様が決めてくれない理由を理解しているか?

後輩からこんな状態で相談を受けると、私はこう聞きます。

 

「お客様のボトルネックは?」

※ボトルネック…詰まっている部分、困難になっている部分、障害となっていること

 

でも、売れない営業はその辺を理解しない、知ろうとしないまま、自分の「売りたい」という気持ちを押し付けています。

それでは、お客様は「ただ売りたいだけ」を感じてしまう、迷惑に思ってしまいますよね。

だからこそ、買ってもらうためには、相手の考えを知り、「相手のため」目線でこちらの要望をすり合わせ、売る側と買う側の距離を少しずつ詰めていく必要があるのです。

 

営業テクニック:テストクロージング

そこでまずやってみるのが、「テストクロージング」です。

「仮にご契約いただくとしたら、どんなプランですか?」

「もし数年以内に買い替えるとしたら、どんなところを重視して探しますか?」

などの「仮に」「もし」などのワードを使って、「買ってくれますよね?と言ってませんよ、私は。仮にですよ仮に」という感じで相手に気軽に想像させて、本音を聞き出すテクニックです。

「仮に、費用を考えずに決めるとしたらどのプランですか?」を聞き出した上で、じゃあそのプランを費用に合わせて・・・とやると、あら不思議!現実感のあるプランが出来上がります。

 

「仮に結婚するとしたら」「仮に一緒に住むとしたら」で妄想話を進めていきます。

 

ただし、注意すべきは、これを自分からやってくる男。

妄想話で安心させようとしている可能性があります。

 

営業テクニック:ボトルネックの確認

そのまま「仮に」で話を進めていくと、ぶつかる壁が出てきます。

そこが何なのかを突き止めると、さらに話が進みます。

 

男性の結婚に対するボトルネックは大体決まっています。

仕事

仕事が軌道に載っていないのに結婚なんて・・・とためらうケースです。

定職についていないなどもありますが、昇進したらなんて目標を勝手に考えているケースもあります。

お金

仕事とつながりますが、何かと結婚にはお金がつきもの。

貯金が少ないから・・・なんて勝手に考えているかもしれません。

ギャンブルや飲み会大好きさんも、自分が自由に使えるお金が減るのでためらいそうです。

遊び

趣味を満喫したい、同じく独身の男友達と遊ぶのが楽しいなどです。

今の彼女よりもいい女がいるんじゃないか、とか、実際に他の女がいるケースです。

 

だいたいどれかなので、まずは仮説を立ててみましょう。

そして、それとなく、「結婚って貯金が沢山ないとできないって思ってる?」「結婚したら自由に遊べなくなるって思ってる?」などと聞いてみましょう。

 

そこに対する答えを提案できれば、彼の結婚に対するハードルはググっと下がるかもしれません。

 

営業テクニック:次に連絡する約束をする、宿題を出す

最初に書いた「いかがですか?」ばかり言う営業と違って、できる営業は「上司に確認する日」「会議の日」などを突き止め、「では、会議の後の再来週に電話しますね」など、次にその話をする日を約束し、その日に連絡します。

また、「ではその日までに私は○○をしておきますので、××さんは△△について確認してくださいね」など、お互いに宿題を出すのも手です。

平等に宿題をやるという感じになるので、抵抗なく進められます。

 

しかし、宿題を放り投げ続ける彼の場合は、本気で結婚を考えていないかもしれないので、「結婚とか、考えたりしたりする?」など、ちょっとだけ曖昧な聞き方を思い切ってして見るのも手です。

 

 

いかがでしょうか?

最終的には相手に「ご提案通りのプランで契約したいです」と言わせるのが出来る営業。

その障壁となるものを早めにあぶり出し、「相手目線で価値ある提案ができる『結婚』という商品を売る営業ウーマン」を目指していきましょう。

 

こちらもどうぞ
www.dokudamiyoshiko.com