ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

いつから私たちは「いらっしゃいませ」だけでは気が済まなくなってしまったのか

f:id:dokudamiyoshiko:20180918203014j:plain

こんにちは、ドクダミ淑子です。

 

些細なことがとても気になってしまう性質で、それだけで1記事書けることが、自慢にならない自慢ですが、今日も飛ばして行くよ!

 

※ちなみに私は関東に住んでいますので、他の地方でこれが当てはまるかはわかりません。

 

 

いつもの挨拶に疑問を持った

ある日、いつものようにコンビニに入ると、いつものように店員さんが声をかけてくれました。

 

「いらっしゃいませこんにちはぁぁぁ~」

 

私はいつものように聞き流そうとしたのですが、「ん?」と立ち止まってしまいました。

 

この挨拶、おかしくない?

 

 

「いらっしゃいませ」の持つ意味

私は日本語学者でもなんでもありませんから、適当に書いていますが、いらっしゃいませって、色々な意味を含めた挨拶だと思うんです。

 

  • こんにちは
  • ようこそお越しくださいました
  • ありがとうございます
  • どうぞごゆっくりなさってください

 

このへんを合わせて、「いらっしゃいませ」って言ってるのではないかと思うのです。

 

アメリカでは「Hello」、韓国では「アニョハセヨー」とそれぞれ「こんにちは」的な一言ですが、日本語の「いらっしゃいませ」はもう少し言葉に含蓄というか、深みがあるような気がします。

あくまでも私の感覚ですが。

 

 

少し前までは、「いらっしゃいませ」だけでよかったのに

私は今33歳ですが、子供の頃の挨拶は「いらっしゃいませ」だけのお店がほとんどだったと思います。

なのになぜ、「いらっしゃいませこんにちはぁぁぁ~」になってしまったのか。

 

気になる。

なんなら、いらっしゃいませの「せ」と、こんにちはの「こ」がすごく近いのも気になる。

 

なぜこうなったんだろう、日本よ。

 

 

ファミレスが発祥な気がする

「いらっしゃいませ、デニーズへようこそ~!」

ファミリーレストランのデニーズがこんなことを言い出したのが、この問題の初期症状だと思います。

 

「いらっしゃいませ、ポンポコポン」

お好み焼きの「道とん堀」というチェーン店も、いらっしゃいませ+何かの先駆けでしょう。

それにしても、ポンポコポンってなんなんでしょう?

「こんにちは(ポンポコポン)」のタヌキ語ですか?

バイトに辱めを与えるためですか?

 

マニュアルがしっかりしているファミレスが、「いらっしゃいませ、○○と言え」というマニュアルを書いたことが、すべてのきっかけなのではないか――私はそう推測します。

 

このように、いらっしゃいませの後には何かを付け加えなければ、挨拶として成立しないという感覚が、私たちの中に浸透していった結果、「いらっしゃいませだけでは物足りない症候群」にかかってしまったのではないでしょうか。

 

 

そのうち、どんどん言葉が増えていくのかもしれない

日本のチェーン店は、どこも「差別化をして、競合に勝とう」としていますから、この挨拶もさらにセリフが増えていくのではないかと思うのです。

 

いらっしゃいませこんにちは、ようこそ○○へご来店くださいましてありがとうございま~す、本日は揚げ物10%引きセールを開催中、ポイントカードの提示でさらに%引き、ポイントカードは簡単なお手続きで今日からご利用いただけます、スタッフにお気軽にお声掛けくださいませ、いかがでしょうか~(いかがでしょうか~)

 

・・・コンビニだと実際にこのくらい言っているところあるなぁ、大変だなぁ。

 

 

シンプルに「いらっしゃいませ」だけで完結してほしい

もうさ、この辺で原点回帰しましょうよ。

店員さんにムダに喋らせないで、レジ打ちや品出しに集中してもらえばいいじゃない。

みんなで声掛けして売れる、というのは声掛けしないと売れないってことの裏返しで、バイトの努力が足りないんじゃなくて、商品のクオリティと、MDとかディスプレイの問題なのよ。

 

 

変な挨拶したり、何でも声掛けたりしないで、ゆっくりお買い物をさせてちょうだい!

・・・と、今日もババアはぼやくのでした。

 

 

こちらもどうぞ 

www.dokudamiyoshiko.com