ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚30代女、ドクダミ淑子の毎日

アンパンマンの映画鑑賞をする 2024

こんにちは、ドクダミ淑子です。

 

今年も行ってきましたよ、アンパンマンの映画。


f:id:dokudamiyoshiko:20240629183634j:image

 

 

どんな内容なの?

アンパンマンの映画は、私が把握している限りでは、レギュラーor準レギュラーの1人にフォーカスして、そのキャラ+ナントカ国のカントカちゃんみたいな映画オリジナルキャラとの交流をしていく感じ。

まぁよくあるアニメの映画版ですね。

 

去年は35周年ということで、あんしょくカレーが主役だったんだけど。

www.dokudamiyoshiko.com

 

今年はなんと・・・ばいきんまんでした。

 

公式サイトの紹介文も載せておきましょう。

 

ある日、一冊の絵本を見つけたばいきんまん。絵本から「愛と勇気の戦士ばいきんまん、助けにきて!!」と声が聞こえ、絵本の中に吸い込まれてしまいます。
砂漠の先に広がる大きな森で出会ったのは、森の妖精・ルルン。
怖がりで勇気が出せないルルンは、森で大暴れする“すいとるゾウ”をやっつけてほしいとばいきんまんにお願いします。
最初は嫌がりながらも、諦めずに立ち向かうばいきんまんの姿にルルンは勇気がわいてきます。
しかし、すいとるゾウの強さに大苦戦!
絶体絶命のピンチの中、ばいきんまんはルルンに「アンパンマンを呼んでこい!」と伝えるのでした ―― 。
アンパンマンとばいきんまんが力を合わせて大活躍!
さぁ!今年の夏は、みんなで一緒に〈絵本の世界〉を大冒険しよう!

映画『それいけ!アンパンマン ばいきんまんとえほんのルルン』公式サイト|大ヒット上映中!

 

もう、この紹介だけで胸熱だよね!

今回は予告編も見ずに行きました。

 

公開2日目土曜日の、朝一番の回でネタバレも防止です。

 

 

ポップコーンを買ってみた

今回は、夫がワクワクしながら「ポップコーンを買うんだ!」と言っていました。

夫は映画館でポップコーンを食べるのが大好き。

 

前回は子どもが心配で頼まず、前々回はコロナ時代の鬼滅の刃で飲食禁止だったので、久しぶりの映画館ポップコーン。

 

しかし、見慣れないものを口にしない主義の子どもは、「いらない」と言って終了しました。

「予想通りじゃん」と夫を慰める。

 

 

異世界Dr.STONEとは言い得て妙

見終わってからTwitter(現X)で検索してみたけど、「異世界Dr.STONE」みたいな言葉を見かけた。

 

まさにそれ・・・!

 

バイキンUFOをはじめとする普段のメカのない世界で、鉄を溶かして工具を作り、木を研ぎ墨付をして鉋をかけて、木製からくりメカを作るっていうね。

木と木が寸分の狂いもなくがっちりと組み合わさった時のあのかっこよさよ・・・

 

唆るぜ、これは!

 

もともと溶接とかできるのは知っていたけど、まさか木工のスキルまであるとはな。

ばいきんまん(とジャムおじさん)の技術力が怖い。

 

 

アンパンマンとばいきんまんの寄り添い方

今回すごく考えさせられたのが、アンパンマンとばいきんまんの寄り添い方。

 

ばいきんまん(大工の親方モード)は、ルルンに対して手を差し伸べたりはしない。

「俺様は何度も失敗してきたけど、何度も立ち上がった」と、失敗を恐れず努力し続けることの大切さを教える。

自分が努力するかっこいい背中を見せることで、ルルンの気持ちが変わってくる。

 

それに対してアンパンマンはというと、「僕がそばにいるよ」なんですよね。

寄り添う、手を差し伸べる、困っている時は呼んでね、いつでも助けに行くからね・・・

これはこれで優しくて心強くて、ルルンも諦めずに頑張ろうという前向きな気持ちになってくる。

 

ばいきんまんの優しさって、今の世の中ではなかなか「優しさ」と言われなくなって来ているし、これを優しさと感じられない人も増えてきている気がするんだけど、これも本人の成長を考えると優しさだよなぁ・・・と思った。

 

TVアニメ版で私の好きな話の1つに「ばいきんまんとあめふりあめちゃん」って言うのがあるんだけど、それもやっぱり、マシンが壊れてすぐに心折れるあめちゃんに根気強く向き合うというか、諦めない心を教えているんだよな。

ばいきんまん、素敵・・・

 

 

あのパーツって

さて、ここで1つ重大なネタバレです。

 

みなさん、知っていましたか?

 

ばいきんまんってバイキンUFO無くても飛べるんですよ!!!

 

絵本の世界に来たばかりの頃はマシンがありませんからね。

あの小さい羽根をパタパタさせて飛ぶんですよ。

・・・この映画で一番衝撃だったのはそこでした。

 

 

子どもの反応は…

ちなみに、3歳半の我が子の感想はというと。

 

「アンパンマンのえいがが、みたかった」

 

そうか・・・

 

たしかに、冒頭の皆で歌って踊っているとばいきんまんが出てきて悪さする定番のあのシーン以外は、前半ばいきんまんとルルンしか出なかったからな。

再びアンパンマンが出て来たのなんて、後半のばいきんまんがピンチになって以降だし、出てきたかと思ったら早々にゾウにされちゃって、最後のワンパンだけ決めておしまいだったしな。

ばいきんまんが主役過ぎたもんな。

 

あとは、「映画館」を、「アンパンマンミュージアム」と間違えていた気もする。

映画館の入口からコレジャナイ感でグズグズしてたもんな・・・

 

というわけで、来年はもう卒業かもしれないアンパンマン映画。

でも予告を見ていたら、クレヨンしんちゃんとかブンブンジャーとかプリキュアとか、次の映画もたくさんありそうだな・・・と思ったのでした。

 

 

こちらもどうぞ

www.dokudamiyoshiko.com