ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

小銭をかき集める生活って、しんどいと思う

f:id:dokudamiyoshiko:20190203102831j:plain

こんにちは、ドクダミ淑子です。

私は、楽天ポイントを日々コツコツと集め続けています。

 

www.dokudamiyoshiko.com

 

楽天ポイントスクリーンでおすすめ商品を見てはポイントをゲットし、楽天ウェブ検索で検索をかけ、楽天チェックでローソンやスーパーにチェックインし、その他もろもろで、だいたい1日10~20ポイントを稼いでいます。

これに、楽天カードの支払いやキャンペーン参加などで、期間限定ポイントも含めると、大体月2000~3000円相当のポイントが貯まります。

 

ある日、楽天チェックのためにルートを設定し、7kmほどランニングしながら、3ヵ所チェックインしました。

その時、ふと思ったのです。

 

「これ、毎日やれば結構な数のポイントが貯まるのでは・・・?」

 

 

コツコツ生活は難しい?

たしかに、楽天チェックでチェックインすると、ポイントは貯まります。

スマホさえあればできるので、+αの支出はなく、元手はゼロです。

自分の身一つあれば、やっていけます。

 

でも、やっぱりそれはダメだなという結論になりました。

その理由を挙げていきましょう。

 

 

自分の時間には価値がある

先ほど「自分の身一つ」という話をしましたが、大事なことが抜けています。

それは、たとえお金を払っていなくても、私の「時間」を使っているということです。

私の時間には、大きな価値があります。

その時間を使えば、仕事でお客様に貢献できることができるし、会社に売上を上げ、自分の給料の報奨金もアップする。

もし専業主婦になったとしたら、家を清潔にしたり子どもを育てるということに価値を生みだすことのできる時間です。

その時間を、歩き回ってコツコツポイントを集めるというだけに費やすというのが、そもそももったいない話なのです。

「何かのついで」に、ポイントを集めるならいいかもしれないけれども、そのために出かけるのはムダ過ぎます。

 

 

行動を止めてしまうとすぐにゼロになる

「今日は雨だからやめよう」

「今日はちょっと体調が悪いから」

こんな感じでお休みをした瞬間に、もらえるポイントはゼロになります。

 

 

「ついで買い」をしてしまうと一瞬でマイナスになる

楽天チェックのチェックイン場所はだいたい、店内奥まで行くようにされています。

そりゃそうですよね、ちゃんと店内見てもらわないとメリットないですから。

そこで「何も買わないぞ」と思いながら店内奥まで進むと・・・やっぱり気になるものが出てくるので、買ってしまいます。

そうすると、ゼロどころか、マイナスになります。

 

 

そもそも、そんなに大きな額にはならない

私の行ける場所でポイントを貯めるとしたら、全力でやって1日50ポイント程度です。

1ヶ月にすると、1500円。

頑張っても、月1万円を超えるのは難しいことに全力を尽くすなら、別のことをやったほうがいいと私は判断します。

 

 

小銭をかき集める作戦は、本業にするとしんどくない?

私はブログを毎日更新し続けていて、Google AdSenseにも入ったり、たまにアフィリエイトをペタッとしています。

(おそらく優しい誰かのおかげで)ありがたいことに、日々収益は上がっていますが、そこまで大きな額ではありません。

 

ユーザーや、Googleという巨大企業のゴキゲン次第で1日の収益が変わる、小銭を毎日集める事業。

私は、これを「副業」というかむしろ「ヘソクリ稼ぎ」としてやっているから気楽ですが、これを「本業」にしてしまうとしんどいのではないか?と思うのです。

 

これはブログ更新だけに関わらず、WEBライター業とかも同じ。

私はその昔、クラウドソーシングで、そのへんのキュレーションサイトに、よくある「泣けるマンガ○選!」みたいな記事を書いて、1文字0.1円くらいもらうような作業をしていたこともありましたが、これを本業にするとしんどいだろうな・・・と思ったものです。

 

www.dokudamiyoshiko.com

 

だって、そんなクソみたいな報酬の仕事(失礼!)でも、私を含め「やりたい」と言う人がたくさんいたのですから。

その中から一歩抜きんでて、単価10倍、1文字1円になっても、きっとしんどい日々が続くのだろうなと思ったのです。

別に、WEBライター業が悪いとかではなくて、すごく勉強になったので感謝はしているけれども。

 

 

大事なのは、固定でまとまったお金が入ってくる体制を作ること

小銭をかき集める生活は、しんどいと思う私が提案したいのは、「固定でお金が入ってくるベースを作る」ということです。

 

サラリーマン・パート・アルバイトなどは、一定のスパンで、ある程度一定のお金が入ってきます。

これがあるのとないのとでは、大違いです。

 

フリーランスであっても、固定でお金が入る体制を作ることはできます。

月額いくらの契約をするとか、連載を持たせてもらうとかもありますし、ファンクラブ的なものやスクール的なもので、月会費を回収することもできます。

うまく運営したり、メンバーにメリットを提供したりできない人が多いのが問題ですが、それは置いておいて、収入の手段としてのオンラインサロンは、賢い戦略だと思います。

それができないけれども、 自分の夢をかなえたいならば、バイトをしながら活動を続けるのが賢いと思います。

 

 

精神的なゆとりを持てる体制づくりが大事だと思う

ある程度まとまった収入があれば、自分の生活の組み立てもできるし、何より精神的な安定が生まれます。

精神的な安定があれば、面白いものが出来たり、目先のお金ではなく、先々の財産になりそうなことができるようになります。

たまに、「固定でお金が入ってくる生活をしているっていうのは甘えだ!収入ゼロの恐怖と戦いながらサバイブする方が面白いものが作れる!」という人もいますが、それは疑問です。

面白いものは、精神的に追い込まれなくても作れると私は思いますし、若い人が「新卒フリーランス」なんていって、「会社員は負けだ!」と自分の退路を断つことがないように、願っています。

 

 

こちらもどうぞ 

www.dokudamiyoshiko.com