ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

そこそこの田舎で育った私が、田舎の人間関係について語る

f:id:dokudamiyoshiko:20181124222129j:plain

こんにちは、ドクダミ淑子です。

私は、そこそこの田舎で育っています。

※トップの写真でギョッとした方もいるかもしれませんが、ここまで田舎で育ったわけではありません、写真のセレクトは盛りすぎています。

 

どのくらいのレベルの田舎かというと・・・

  • 国道沿いにチェーンの飲食店がひしめく一角がある
  • 休日にはみんなイオン
  • 日が暮れると真っ暗になる場所がある
  • 公立の小学校まで電車で通学
  • 最寄りのコンビニまでは車で5分
  • 車は1人1台

よくある日本の片田舎って感じです。

そこに物心ついたころから、30歳位まで住んでいました。

 

さて、今回はそんな私が、これから田舎に行く人、田舎暮らしにあこがれる人に、「田舎で暮らすってこういうことだよ」ということをお伝えしようと思います。

 

 

田舎の生活はのびのびできるのか?

まずは、田舎暮らしというと、人の目を気にせず・のんびり暮らせるかというイメージを持っている人もいるかもしれません。

 

「東京は窮屈だから、田舎でのんびりしたい」

その気持ちはよくわかります。

でも、田舎の方が、もっとっと窮屈かもしれません。

 

なぜなら、田舎の方が人数が少ないので、コミュニティの密度が濃いからです。

子ども時代を思い出しながら、以下に例を挙げてみましょう。

 

親同士が大体つながっている

まずはこちらです。

私の親・大人同士は、大体つながっていました。

 

  • 子どもの幼稚園や保育園が一緒
  • 子どもの部活が一緒
  • 職場が一緒またはいつも買い物に行くところでパートをしている
  • 買い物する時間帯・場所が一緒
  • 共通の知り合いがいる
  • 同じスポーツサークルをやっている

行く場所が限られているので、大体どこに行っても知り合いに会います。

知らない人だと思っていても、大体1~2人を介せばたどり着けるくらいの狭さです。

 

誰がどこにいるのかはナチュラルに共有される 

広い田舎といえど、行くところは限られています。

どこに行っても誰かに出会うのですが、会って「あら~」とならなくても、大体把握されていると思ってよいでしょう。

 

移動の手段は大体車なので、車の車種・色・ナンバープレートで、大体誰がどこにいるのかを把握されます。

それだけではなく、家の前に車が停まっているか・停まっていないかもチェックされています。

 

「この前、閉店間際のイオンに車が停まっているの見たわよ」

「先週末に、地域フェスティバルに行ったら、○○さんとお子さんがいたわ」

「母の日にケーキ屋さんでケーキ買っている○○君を見たのよ、いいわねぇ」

「平日なのに車が停まっているから、旦那さんどうしたのかしらと心配になっちゃって・・・」

「おたくの娘さん、終電で降りていたわよ。夜中に夜道を自転車で走るなんて・・・お母さん心配じゃないの?」

 

このくらいのレベルの話は、当たり前のように共有されます。

本人が言われることもあれば、本人のいない場所で噂されることもあります。

 

デリカシーがない?

そんなこと、誰も思わないのです。

だって、共有することが当たり前だし、そのくらいしか話題がないからです。

 

休みの日にはどこに行っても誰かに会う

実家暮らしの頃は、休日にちょっとコンビニに行こうとしても、大学生くらいから母親に「ちゃんとお化粧しなさい」と言われていました。

なぜなら、どこに行っても、必ず誰かに会うからです。

 

行く場所が限られているし、大体7割がイオン、2割が地元スーパー、そしてユニクロ・ホームセンター・・・と続きます。

ファミレスや飲食店も、大体知り合いがいるか、知り合いがバイトしています。

 

だから、地元をうろうろすると言っても、気を抜きまくってはいけないのです。

 

子どもの高校・大学・就職先・結婚・出産・・・と全部共有される

親同士のつながりが強いですから、進学先などは大体知られています。

私の小学校の同級生の進学先・就職先なんかは、うちの親の方が詳しいくらいでした。

ということは裏を返せば、私の情報もダダ漏れなのです。

 

「○○さんの一番上の息子さん、就職しないで、ドラッグストアでバイトしているんだって」

「○○くん、東大に行って、△△省に入ったんですって!すごいわね」

「○○ちゃん、ハタチの時に結婚した人と離婚して、今実家に帰ってきているみたい」

「○○くんは、就職したんだけれども、給料が低いからって仕事辞めて、転職活動しているみたいよ」

「○○くん、お給料がいいのかしら。外車買ったんですって!」

 

このくらいのレベルの話は、当たり前のように共有されます。

私はわりと有名な大学に進学したので、いい噂が多かったような気がしますが、良い話も悪い話も、ものすごいスピードで伝播していきました。

 

噂の伝わるスピードが半端ない 

こんな調子なので、噂が伝わるスピードが信じられないくらい早かったです。

ネットのない時代でも、噂話で光のスピードで伝わるのが、子どもながらに怖かったです。

 

 

つまり、田舎は大きな家族なのだ

こんな感じで、とにかく情報の共有がハンパないのが田舎の特徴です。

私の親は、もともとは都会暮らしだったので、色々と苦労したこともあったでしょう。

 

子ども側がどうかというと、物心ついたころからそんな環境だったので、特に気にすることはありませんでしたが、同窓会をしたときにものすごく感じることがありました。

 

「なんだ、この、全員きょうだいみたいな安心感は!」

 

小学校の同級生には、色々な人がいます。

仕事をしている人・していない人、結婚している人・していない人、子どもが4人くらいいる人・いない人・・・ギャルもいるし、ギャル男もいるし、オタクもいるし、ヤクザをしている人もいました。

でも、全員が全員のことを、友達同士を通して、親同士を通して、隅から隅まで知っている仲だからか、ものすごい安心感があったのです。

 

1年くらい前に、遠方の友達の結婚式で、いきなり男性2人・女性4人で観光旅行をすることになったこともあったのですが、そういうのも全然平気。

10年ぶりくらいに会った6人で、同じ鍋をつついたり、味見で回し飲みをしても、全然平気。

 

なんなんだろう、この感覚は?と不思議になりました。

狭い空間で、みんなで一緒に育ったからこその一体感なのか。

単に小学校の同級生に会ったら、そういう気分になるのか。

 

分かりませんが、私も「濃い人間関係」を嫌がりながらも、それに案外ハマっている1人なのかもしれないと思った瞬間なのでした。

 

 

こちらもどうぞ 

www.dokudamiyoshiko.com