ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

3組に1組が離婚する世の中…だから何なんだ?

f:id:dokudamiyoshiko:20181125185336j:plain

こんにちは、ドクダミ淑子です。

 

33歳はもはやアラサーではない疑惑がありますが、アラフォーでもないのでとりあえずアラサーと名乗っておこうと思う今日この頃。

 

一説によると、「ミドサー(ミドルサーティーズ)」らしいですが・・・

 

誰も言ってなくない?

 

さてそんな中、20代後半、アラサー前期の女子が結婚について否定的に語るのをちらほら見かけます。

キャリアが・・・とか、人生の目標が・・・とか、そのへんはわかる。

 

でも、わからないのが、こちらなのです。

 

「3組に1組が離婚する世の中だから、結婚しても離婚するかもしれない。だから結婚することにいいイメージが持てない」

 

え?なんで?って思ってしまうのです。

 

 

長い年月で、人間変わることもあるだろう

恋愛でお付き合いしてお別れすることと同じように、この人だ!と思って結婚して、こどもができても、その後離婚することはあるでしょう。

「永遠の愛」「一生守ります」なんて言っても、長い年月で変わることもあります。

そんなの、「命を賭けてやります」って言ってできなかった人が、本当に全員死ぬかどうかと同じ話ですよね。

 

残念ですが、人の心は時間が経てば変わります。

それでも、その瞬間は一緒にいたいって思って結婚して、たとえ短くても幸せな時間を過ごせれば、それはそれでいいじゃないですか。

傷つくのが怖いからなにもしないと、何もできないし楽しくないと思うのです。

 

 

「離婚=不幸」って思い込みだぞ

あと、この話には「離婚するということは不幸なのだ」という、離婚に対するマイナスイメージがありますよね。

でも、それって本当なのでしょうか?

 

確かに離婚してシングルマザーになり、生活に苦しんでいる人もいます。

でも、結婚したから不幸になったわけでも、離婚したから不幸になったわけでもはなく、事実だけ切り取ると「収入が少ないことに苦しみを感じている」ってだけなのです。

 

中には、生活が苦しくても、不幸だと感じていない人もいます。

離婚はいい経験だった、新しい人生をスタートできてスッキリしている!なんて人もいます。

 

離婚が一概に不幸だと思ってしまうのは、ちょっと違うんじゃないかなと思います。

 

 

「離婚できる世の中」になっただけじゃない?

その昔、新卒で入社した会社を辞め、転職するということは一般的ではありませんでした。

 

「あの人は、ちゃんとしてない」

「会社を辞めるなんて、何か悪いことでもしたのかしら?」

「我慢強さが足りない」

 

・・・こんな感じで、会社を辞める人=人間的に何か問題がある、と思われていました。

 

今はどうでしょう?

転職したからといって、そんな風に思う人ばかりではないですよね(古い考えの人もいますが)。

 

離婚&再婚も、退職&転職と同じだと思うのです。

昔は、離婚したくても周りの目が気になるし、自分としても離婚はタブーだと思っているので、離婚せず我慢することが多かったけれども、今はそこまで我慢することはない。

 

今は、「離婚する自由」がある、ただそれだけのことなのではないでしょうか?

 

 

「結婚しない理由づけ」は、自分の選択肢を狭めるだけだと思う

タイトルの件に戻ると、「結婚しても3組に1組が離婚するから、結婚したくない」っていうのは、やっぱり意味がわからないのです。

そんなこと言ったら、何もできないじゃないですか?

 

「新卒は3年で3割が辞める」だって、「だから就職しない」って、(大抵の人は)ならない。

「合格率は半々」だからといって、全員が受験を諦めるわけではない。

「日本でプロ野球選手になれるのは年間100人以下」だからって、全員が野球を辞めるわけでもない。

 

別に3年以内で退職しても、不合格でも、プロ野球選手になれなくても、やってみたっていいじゃないですかね?

そうやって自分の選択肢を狭めたり、自分がやらない理由づけをするのが、ちょっと残念に思うのです。

 

 

確率や他人の動きじゃなくて、「自分はどうしたいか」で語った方がいい

結局のところ、「3組に1組が・・・」というのは、自分主体で考えた理由じゃないんですよね。

3組に1組というのも、「結果」であって、どのカップルも均等に「離婚率33%」ってわけでもない。

「離婚率90%」「離婚率10%」「離婚率30%」とかで、そのうち1組が離婚するだけの話なのではないでしょうか?

 

だから、そんな数字なんて気にすることはないのです。

「今」、結婚したくないなら、「今は、私は結婚したくない」とだけ言えばいい。

 

そしてその時の理由づけはいらないと思います。

ダラダラと理由を言えばいうほど、発言した自分を肯定したくなって、自分が結婚したくならないように暗示をかけていくからです。

 

変な数字に惑わされず、自分はどう思うか?をベースに考えると、人生を自分の意思で歩みやすくなると思います。

 

 

こちらもどうぞ  

www.dokudamiyoshiko.com