ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

【マンガ感想】1122(いいふうふ) 私には全然良い夫婦には思えない

こんにちは、ドクダミ淑子です。

 

既に3巻まで出ている、『1122(いいふうふ)』をイッキ読みしました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

1122(1) (モーニング KC) [ 渡辺 ペコ ]
価格:615円(税込、送料無料) (2018/10/1時点)

楽天で購入

 

あらすじはこちら

公式サイトによると、こんなストーリーです。

 

その結婚は、
幸せですか、
辛い(つらい)ですか。

妻・相原一子(いちこ)。ウェブデザイナー。
夫・相原二也(おとや)。文具メーカー勤務。
結婚7年目。
子供なし。
私たちには秘密があります。

結婚をしたい人もしたくない人も、
結婚を続ける人もやめた人も、
「結婚」を考えるすべての人に届けたい——、30代夫婦のリアル・ライフ。

 

 

よくわからないと思うので、1巻の背表紙の内容も入れましょう。

 

いちこの性欲は「凪」の状態で、しばらくセックスレスが続いていた。

2人が選択したのは、「婚外恋愛許可制(公認不倫)」。

おとやには、いちこも公認の「恋人」美月がいる。

美月との恋に夢中になり始めるおとやを見て、いちこの「凪」にも変化が……。 

 

なんとなくドロドロしているように思えるでしょうか。

でも、そこは、『にこたま』の渡辺ペコ。

重すぎず、さらりと描かれています。

 

 

ポリアモリー(複数愛)の話ではなかった

渡辺ペコさんのマンガは『ランダウト』『にこたま』は読んでいたので、雰囲気は知っていましたが、直接的に興味を持ったのは、ある人が恋愛観の話で「考えるきっかけになった」と言っていたからです。

 

きっかけはこの話で紹介されていたから。

www.dokudamiyoshiko.com

  

ポリアモリー(複数愛)の流れで出てきたので、複数愛について描かれているのかなと思いましたが、実際は全く違いました。

 

  • いちこ…婚外恋愛を提案
  • おとやん…浮気相手に恋して欲情しているが、いちこと別れて再婚する気はゼロ
  • 美月…おとやんの浮気相手。子どもは療育に通う。おとやんとの浮気は「二人だけの秘密」と思っている
  • 志朗…美月の夫。子どもの教育は「妻に任せて」、仕事ばかり

 

この中で、浮気公認なのはいちことおとやんの二人だけで、ポリアモリーっぽいのはおとやんだけ。

美月は、月に1回のホテルから、「声聞きたくて電話しちゃった」「ねぇ、今から会えない?」「二人だけの秘密」と、どんどん浮気相手に本気になっていく。

志朗なんて妻を信頼して、仕事頑張って・・・ってやってるのに、いつの間にか不倫されている。

 

私は不倫をしないので、どうしてもサレ妻(今回の場合は公認だからいないことになっている)や、サレ夫のサイドに立ってしまう。

ポリアモリーや婚外恋愛なんて理解できない人たちからすれば、「不倫」にしか思えないんですよね。

 

のめり込んで溺れかけた美月は、「妻公認」ということを知ったとたんに怒りますが、それも当然だと思う。

奥さんがセックスしてくれないから、外でする、ただの性の捌け口みたいに感じるだろう。

 

ポリアモリーの人はポリアモリーの人で悩みがあると思うけど、それをきちんと説明せずに婚外恋愛なんてしてたら、それはただの不倫じゃないか・・・と私は思った。

 

 

私には、全然良い夫婦に思えなかった

このタイトルは、2人は果たしていい夫婦なのか?という問題提起が含まれていると思う。

そして、私が読んだ限りだと、ちっともいい夫婦に思えなかった。

 

いちこの心の傷を理解し、癒し、支え合う二人はとても素敵だと思う。

でも、心が繋がっているからと言って、性の問題を2人できちんと話し合わず、不倫という形で、他の人を巻き込んでいってしまっていることが、やっぱりダメだ。

風俗や一人で済ますのではなく、相手がいるセックスをしてしまうと、相手が割り切ってくれるかどうかなんて、わからない。

自分だって、どんどんのめり込んで行ってしまっているじゃないか。

 

心の相性と性の相性は違う?それはあるかもしれない。

だけど、それを相手ありの不倫に持ち込んだ時点で、それは二人だけの問題ではなくなるのだ。

 

3巻の終わり方は、次できっと大きく話は動くと思うような感じだった。

4巻は噂によると、11月発売予定。

今からそわそわしながら待っていようと思う。

 

 

こちらもどうぞ 

www.dokudamiyoshiko.com