ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

【ドラマ感想】彼氏をローンで買いました 専業主婦を礼賛する人達しかいない話で改めて考える

f:id:dokudamiyoshiko:20180909144409j:plain

こんにちは、ドクダミ淑子です。

 

『彼氏をローンで買いました』をまだ見続けています。

今クールは、これと『サバイバル・ウェディング』を見ています。

 

過去の感想はこちら

www.dokudamiyoshiko.com

www.dokudamiyoshiko.com

 

 

専業主婦賞賛なのかな?

このドラマは、ローンの肩代わりをした、借金もちの男の件がタイトルになっています。

今はまだ、エリート商社マンと付き合う主人公の女が専業主婦を目指して奮闘しているところ。

 

このドラマの面白いことは、専業主婦を肯定する人が大半なところ。

  • 多恵(主人公の女性)
  • 同僚の受付嬢2人
  • 白石さん(主人公の恋人)
  • 麗華さん(主人公の職場のOG)
  • 白石さんの浮気相手たち

 

大体の人は「専業主婦になる(嫁を専業主婦にする)」ということを目指しています。

 

専業主婦という職業をどう認識するのか?

今の時代に専業主婦はアリなのかナシなのか?

・・・そんなことは全く考えずに、「専業主婦が人生のゴール!」「夢の専業主婦!!」などと叫んでいます。

 

それは、一度結婚に失敗した麗華さんも同じなのがとても不思議。

 

 

専業主婦万歳な人達の言い分

専業主婦礼賛する人たちの言い分はこちらです。

 

女の言い分
  • 女には女の得意分野、男には男の得意分野がある
  • 男は狩りに出て、女が家を守る、これが太古の昔からやってきたこと
  • 女性が働くなんて、太古の昔からの摂理に反する
  • 役割分担をすることで、家庭が円滑に回る
  • 専業主婦として家を守ろうとするのが何が悪い

 

男の言い分
  • 日本は資源が少ない国だから、女を養うためには男が外貨を稼がないといけない
  • メスが6人の子どもを育てて、オスが必死に食料を取り、生涯添い遂げるカワウソが理想
  • 結婚したら奥さん一筋になるから、今は色々な女性と会って見極めているところ

 

男も女も、なんだかズレている気がします。

今の日本の状況は、いきなり高度経済成長期に戻ることはないのに、古い時代こそが正しくて、今の状況は間違っている!おかしい!くらいな感じで「専業主婦になる」「専業主婦を養う」とみんなが言っている。

 

野島伸司が社会に疑問を突き付けているようにも見えるけれども、50代のオッサンは、女性には専業主婦として家を守ってほしいと思っていて、その気持ちを脚本にぶつけているように思えてしまう。

 いずれにしろ、この時代に「女は~」「男は~」なんてことを提言している時点で、なんか色々なところにケンカを売っているとしか思えない。

 

 

専業主婦になるための代償がデカすぎる

専業主婦になることは、別に悪いことでもないし、家庭の状況的にベストな形ということもあるでしょう。 

 

でも、このドラマの主人公・多恵が専業主婦になることは、リスクが高すぎると思うのです。

 

本人は「結婚前に色々な女と会って、見極めている」と言ってはいるものの、常に浮気相手を目撃するような状態なんですよね。

言い訳として「あれは妹」「今日のは姉」「さっきのはハトコ」なんて言ってごまかしていて、私はテレビの前で「何人いるんだー!?」とツッコミを入れています。

生活圏内で、彼女がよく通るような場所で、堂々と浮気しているくらいですから、影に他に何人の女がいるのかわからない。

 

結婚したら妻一筋になると言っているものの、本当に妻一筋になれるかなんて、全然わからないし、「浮気癖は治らない」というのは、ゴシップウォッチャーの私の中では常識なのですが、どうなのでしょうか。

 

うん、きっと白石さんは結婚しても浮気すると思う!

 

でも、多恵は結婚さえしてしまえば、夫の浮気も気にならなくなると言います。

「いくら浮気しても、離婚はしない」

「最後には私の元に帰ってくればいい」

「それだけ、結婚には力がある」

みたいなことを言っています。

 

白石さんは年収1500万円ですから、傍から見れば高収入ですが、他に女がたくさんいるとなると、生活はそこまで楽にはならないと思うのは、私だけでしょうか?

 

 

金の力で縛られる関係にしか見えない

多恵は、専業主婦になりたい思いがめちゃめちゃ強いのですが、そこから「愛」「思いやり」「相手を支えたい」という気持ちが見えないのです。

 

「自分が働きたくない」

「自分が楽したい」

「お金に困りたくない、パートに出るとか嫌」

 

そういう、自分のことしか考えてなさそうな様子が見えてしまう。

 

生活費を出してもらえるから、夫を支える。

お金に困らないから、浮気も容認する。

働かなくて済むから、家事をする。

 

彼女が白石さんと結婚したいのは、お金がもらえるから。

ただし自分のお金じゃないから、これからもお金を出してもらうために力を注がなければいけない。

なんか、お金に縛られている関係になってしまうのではないかと思えてしまうのです。

これで「夢の専業主婦」って言われても、ピンとこない。

 

 

私は、今後の働き方について悩んでいるのは、ここなのだ

実は、このドラマを見ながら、専業主婦についての考えをあれこれ巡らせているのは、理由があります。

 

それは、私の夫が専業主婦を希望しているような予感がするということ。

 

私も夫も、父親が大企業勤め・母親が専業主婦(たまにパート)という組み合わせ。

結婚するときに、「仕事辞めても続けても、どっちでもいいよ」と言って結局続けたんですが、でも今後はどうなるかわからない。

今後どうなるかなんてわからないし、専業主婦もやったことないから、やってみてもいいかもしれない。

でも、こういう専業主婦希望者の姿を見ていると、私はここまでいろいろ飲み込んで、生活費を出してもらう状態になれるのか?ということが疑問になる。

 

 

称賛しながら否定する、結末はどうなるのかな?

このドラマは、ローン彼氏という、借金持ちの無職男がいるので、きっと専業主婦になってゴール!では終わらないでしょう。

 

専業主婦をゴールとしながらも、ローン彼氏がきっと存在感を増していく・・・結末はまだ見ていないからわからないけど、次回も楽しみです。

 

 

『彼氏をローンで買いました』は、FODまたはdTVで全話見ることができます。

 

フジテレビ公式動画配信サービス【FOD(フジテレビオンデマンド)】はこちら。
今なら初月300円コース無料キャンペーン中!![PR] 

 

dTVはこちら!こちらも初回31日間は無料です。

※本作品の配信情報は2018年9月9日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。