ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

中国人と出産・仕事の話をして、目からうろこが落ちた

f:id:dokudamiyoshiko:20180904233339j:plain

こんにちは、ドクダミ淑子です。

 

関西方面は台風で、働き方について考え直している中、私は全然違った方向から、働き方を見直していました。

 

 

可愛らしい中国人女性に会いに行ったら、驚きの一言が

私は、たまに外国の方と仕事をすることがあります。

中国の方はいろいろとクセがあるのですが、その中でも、割と気が合う方のところへ、打ち合わせに行きました。

 

推定30代女性、とても可愛らしい方です。

大学生の時から留学生として日本に来て、日本の大学を卒業し就活をして日本の企業に就職した、日本語ペラペラな方です。

新卒で入社した日本の会社を退職後、この会社を立ち上げたのと結婚したのはどちらが先だったのかかはわかりませんが、現在は同じく中国人の旦那さんと一緒に会社を切り盛りしているようです。

 

業務内容は、日本にいながら中国人とやりとりをする仕事です。

 

半年ぶりくらいに会いに行ったら、会社は移転しておしゃれなオフィスになっていたのですが、もっとびっくりすることがありました。

 

席について、彼女の口から出てきたのは驚きの言葉でした。

「あたし、妊婦です」

 

 

妊娠後のビジョンにさらに驚く

彼女は、妊婦です宣言をしたものの、新事業の話をどんどん話してくれました。

あれがやりたい、これがやりたい、だからこういう人が欲しい・・・

 

「日本にいるのに日本人から金、取っていない」

(訳:日本にいるのに地の利が生かせていない)

 

「中国に詳しいから、中国進出したい企業から金が取れる」

(訳:自分たちの強みを生かせるフィールドがある)

 

可愛らしい口から「もっと、金取りたい」と言っているのが、なんか・・・好き。

言葉の使い方が下手なんだと思うけど、まだまだ売上を上げられるとワクワクしている感じが伝わってくる。

 

「だから、妊娠は想定外なんですよね。でも、できたからには産むしかない。」

カッコいいな。

 

「つわりはどうですか?」

「実は先週まで入院してたんですよ、つわりで」

え?マジですか?

 

「予定日は?」

「来年の3月。一番忙しい時期。でも、1ヶ月くらいは休みたいな・・・」

1ヶ月でいいの?

 

入院するほどつわりが重いのに、仕事のことを考えていて、動けるうちに動こうとして、しかも短期間で復帰することを考えている。

なんかすごいな、この人。

 

 

育休って当たり前じゃないんだと改めて思う

彼女は中国人なので、お国柄や子供の育て方も違うとは思うけど、私の今までの感覚と全然違う、出産・子育てとキャリアの両立についての話を聞いて、目からうろこが落ちました。

当然のように産休・育休があって、終わったら時短で復帰・・・じゃないキャリアプランもあるんだなと思ったのです。

 

<追記>

気になったのでちょっと調べてみたら、中国人の子育ては祖父母が中心みたいですね。

だから女性もキャリアを中断することなく働き続けるし、それに文句を言う人もいないらしい。

なるほど。

www.yomiuri.co.jp

 

「あれもやりたい、これもやりたい」と目をキラキラさせながら言う彼女を見ている

と、私もそういう風に、「子育て中だから一線から引いて」とか「仕事と子育てのどちらを優先する」とかじゃない働き方をしても良いんじゃないかと思ってきました。

 

もちろん、彼女がここまで好きなことができるのは、彼女が経営者であるということもあるけれども。

私も将来の働き方を、もっと自由に描いてもいいんだなと思った瞬間でした。

 

こちらもどうぞ 

www.dokudamiyoshiko.com