ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

重本ことりが予感はしてたけどやっぱりビッチだったという件

f:id:dokudamiyoshiko:20180711210157j:plain

こんにちは、ドクダミ淑子です。

 

芸能ゴシップサイトのウォッチは趣味の1つ。

いつものように巡回をしていると、ショッキングなニュースが舞い込んできました。

 

元Dream5重本、“夜遊び相手”を赤裸々告白

〈前略〉ゲストとして登場したのが重本。「他人の幸せを妬んでしまう」という悩みを持った重本に、ブラマヨが「彼氏とか作れば幸せになる」と解決法を提示すると、重本は「彼氏ができないんですよ。セフレばっかりできちゃって」と告白。

その物言いにブラマヨのふたりが戸惑っていると、重本はさらに「私は好きだけど、彼からしたら何人かいるうちのひとりだと思うけど、切られるのが怖くて好きとか付き合ってと言えない。都合のいい女の極みになってしまう」と暴露した。〈後略〉

引用元:リアルライブ

ちなみにこの後は、相手がAAAというアイドルグループ疑惑とか、AAAファンが突撃とか炎上とか書いてあるのですが、それは今回の本題ではないので置いておきます。

 

 

予感はしてたがなんとなくショック

重本ことりといえば、半年前くらいに見ていた『恋んトス』に登場していた子。

「手を繋いでデートしたい」「ずっと彼氏がいない」だの言っていて、「恋したい♥️」とのたまっておきながら、最後は「おそろいのお土産買おう!」で猛アプローチしてた男子をフッた子。

 

当時のブログにも「ピュアっぽいキャラの子(本当はどうかわからない)」って書いていましたが、まさかテレビで「私はふしだらな女です」と自ら暴露するようになるとは・・・

 

 

「ビッチな私をわかってほしい」っていう神経がわからない 

暴露キャラって、絶対に良いことないと思うのです。

セフレがいても別にいいかもしれないけど、それを暴露するのは絶対にアカン。

墓まで持っていく話だと思うのに、なんでそれを言ってしまうのでしょうか?

 

ことりは過去の恋んトスで、こんなことを言っていました。

「私は、みんなが思っているようないい子じゃないよ」

「みんな、私のことをわかってない」

それが今回の話に繋がってくると思うのです。

 

www.dokudamiyoshiko.com

 

「私はみんなが思っているようないい子じゃなくて、ビッチです」

でも、そんな私をわかってもらうことに、何の意味があるのでしょうか?

 

仮にわかってもらったとしても、満足するのは本人だけで、パートナーやその周辺の人がいい気持ちするかっていうと、絶対にない。

そして、批判を受けてまた「わかってもらえない」のスパイラルに陥る。

 

なんだろう、この闇にうずまくかまってちゃんの自己顕示欲は・・・

 

 

自己肯定感が低いとこうなるのか?

なんでこんなに自分の顔に自分で泥を塗りながら、「わかってほしい」と言い続けるのかというと、自分の価値を他人からの評価に委ねているからだと思うのです。

 

「他人が何と言おうと、私は私」と強く思えないで、「認めて」「わかって」「褒めて」と他人の注目を求め続ける。

注目されるためにはセフレ暴露だってする。

なんだか悲しくなります。

 

小さい頃からテレビに出てちやほやされる一方、学校には友達はいなくていつも一人。

視聴者から注目される環境と、学校の友達からは全く注目をされない環境、その二つで何かが歪んでしまったのだろうか。

気になるのでこれをポチりました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黒い小鳥 [ 重本ことり ]
価格:1399円(税込、送料無料) (2018/7/11時点)


 

 

読んだら感想記事書きます。

 

 

かまってちゃんがダークサイドに落ちそうなのは心配

ことりは、わりと可愛いので、このまま注目を集めたいと思ったら、グラビアやセクシービデオ業界へ進んでいきそうです。

 

先月、際どいDVD出して、今度は写真集出すみたいだしな。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はじめてのことり 重本ことり写真集 [ 篠原潔 ]
価格:3780円(税込、送料無料) (2018/7/11時点)


 

 

何で脱ぐのか、私には全然わかりません。

 

本人はブログでこんなことを言っています。

私は、10歳から芸能活動をしていて、考え方やいろんなことが普通とは離れているのかもしれません。

 

自分以外のせいにするための言い訳っぽいけれども、芸能界や子役の闇を感じた出来事でした。

 

 

こちらもどうぞ  

 

www.dokudamiyoshiko.com