ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

NO MORE社内政治。ババアは中立ゾーンで生き残っていく

f:id:dokudamiyoshiko:20180703205209j:plain

こんにちは、ドクダミ淑子です。

社会人を約10年やってきて、自分の中で大事にしてきていることがあります。

 

それは、「社内政治には手を出さないこと」です。

今回はそんな社内での人間関係について書いていこうと思います。

 

 

社内の人間関係を気にしている時期もあった

今でこそ、「社内政治は手を出さん」と言っている私ですが、入社当時は会社の人と飲みに行ったり、会社の人の人間関係を噂していた時期もありました。

1つ上の先輩が「私、社内の噂なんでも知ってるの」と情報通ぶっていたので、それにくっついて噂話をしていたんですね。

そして、誰と誰が仲良いとか仲悪いとかいう話を聞いて、自分はどちらにつくかを考えたりしていました。

あとは、誰が退職するかという情報をいち早く集めて、社内の情報通ぶっていました。

 

 

社内政治で上手く立ち回っても仕事はできるようにならない

でも、ある日気づいたんですね。

「社内政治に熱心な人ほど、仕事ができない」ということに。

先程の1つ上の先輩もしかり、その他もしかり、お客様に対しての企画・提案・コミュニケーションの時間を社内に対して使っているので、本来の営業スキルが向上しないのです。

 

この会社にずっといたいなら、社内で上手く立ち回っていればいいかもしれません。

でも、私はこの会社じゃなくても通用する人間になりたかった。

だから、社内の人間関係を気にしないことに決めました。

 

 

会社は仕事をしに行くところと割り切った

そう、当たり前のことですが「会社は仕事をしに行くところ」で、仲良しでワイワイする場所ではないのです。

私にはそういう場所が他にあるので、もういらない。

そう思ったら、楽になりました。 

 

 

わずらわしい社内政治と関わらないためのポイント

社内政治に関わらない、そんな風にしている私が意識しているポイントがあります。

 

悪口を言わない

まずはこれです、誰かの悪口を別の社員に言わない。

悪口を言う=相手をさげすむ=自分の立場(派閥)を表明する、ということです。

社内のゴタゴタに巻き込まれたくないならば、まずは言わないに越したことはありません。

 

噂話に耳を貸さない

同様に、社内の噂話に積極的に首を突っ込みません。

弊社はほんのりブラックなので、社内恋愛・社内不倫・社内セフレなどがいるようですが、もう一切そんなの知りません。

私+男女で一緒に帰ることになっても、当事者や周りに確かめたりしません(薄々気づいているけれども、それでもあえてスルーする)。

 

ボス的存在とは接触しない

「私がこの会社を仕切っているんですよ」的なボスキャラがいます。

役職はさほど高くはないのですが、社内の人間関係を知り尽くしていて、自分に逆らうと痛い目見るよ?的なプレッシャーをかけてくる人です。

そういう人とは、一切接触しないことが一番楽です。

ボスが関与していない存在となり続けることで、「10年選手のドクダミのことを知らないボス」となりたくないボスは距離を取るようになります。

一番面倒な存在なので、関わらないようにして正解だと思っています。

 

会社の飲み会の二次会には行かない

一次会でスパッと帰ります。

なぜなら、二次会こそ悪口のオンパレード、自分の立ち位置がそこで決まったりしますので面倒なんです。

昔は二次会も参加している時期がありましたが、最近だと一次会でサクッと帰るキャラになりました。

 

結婚してからは帰る理由ができて更に楽になったので夫に感謝です。


社内のコミュニケーションは「本来の業務」を通して

だからと言って、私が社内で何もしゃべらず、誰とも関わらないかというと、そうではありません。

社員とのコミュニケーションは、仕事を通して、仕事の内容についてがメインだということです。

本来の業務とは関係のない、人間関係での会話をすることはほとんどありませんが、趣味の話や私生活の話は、たまにします。

ただ、「会社とは、仕事を通してつながっている人達」ということは、ブレさせずにしています。

 


社内政治に関わらないと「聖域」になれる

「聖域」なんて大げさな言い方をしましたが、現在の社内での私は、永世中立国・スイスのような立ち位置なので、逆に社員が頼ってくるようになりました。

「ドクダミさんになら、なんでも相談できる」

「ドクダミさんと喋るのは楽だ」

「ドクダミさんの席の周りは、俗世間とは違った神々しいオーラが漂っている」

 

最後のは何を言っているのか、イマイチよくわかりませんが、しがらみから解放され、とにかく安心する人になれているようです。

 


社内の人間関係に関わらないためには、外の世界を向くことが大事

社内の人間関係に惑わされず、自分の世界を築いていくためには、「会社の人間関係がすべて」と思わないようになることです。

具体的には、社外での人間関係(家族や友達、仲間など)を持つことです。

社内政治をせっせとやっている人は、社内での人間関係がないと寂しくなってしまう人達とも言えます。

そうならないためにも、外の世界をしっかり見てみることをオススメします。

 

 

こちらもどうぞ 

www.dokudamiyoshiko.com