ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

【テレビ感想】妻は怒っています!misonoが久しぶりにTVに出て盛大に自爆した件


f:id:dokudamiyoshiko:20180612213856j:image
 

こんにちは、ドクダミ淑子です。

録画したTVを見直していたら、こんな香ばしい番組を見つけました。

 

金曜プレミアム 妻は怒っています

 

プレミアム感・・・ないわー!

 

 

どんな番組?

一言で言うと、妻が怒りをぶつけるのを、夫が反論し、ゲストがやいのやいの言う番組です。

“ダメ夫に不満爆発!離婚寸前の妻たち!直接言えない、言っても解決しない”…そんな妻たちに代わり百戦錬磨の奥様有名人がガチで乗り込みリアルなダメ夫たちと対峙!さまざまな理由で夫に怒っている世の中の妻たちを全面サポート、悩める妻のためガッツリ妻目線で問題解決を目指す夫婦円満バラエティーです。

(公式サイトより流用)

 

なんだろう、フジテレビは『スカッとジャパン』みたいな、夫婦がゴタゴタしていたり、道行く非常識な人にイライラしたり、びっくりするような金遣いをしている人の話を取り上げたり、なんか人間の汚いところを見せて視聴率を稼ごうとしていますね。

ゴールデンタイムに何を見せるつもりなのでしょうか?

まぁ、私が喜んで観るけどな。

 

キャストはこちら

キャストは、こちらの方々です。

 

【MC】

  • 加藤浩次

 

【恐妻サポーター・スタジオゲスト】

  • アンミカ 
  • 小沢真珠 
  • くわばたりえ 
  • デヴィ・スカルノ 
  • 丸岡いずみ 
  • ゆきぽよ

 

【男性ゲスト】

  • アレクサンダー 
  • 高橋克典 
  • 東国原英夫

 

【VTR出演者】

  • ギャル曽根 
  • くわばたりえ 
  • 坂下千里子
  • 大竹七未 
  • 弦巻拳東

 

キャラ、濃過ぎ・・・

 

 

気になるmisonoさんはどういう怒妻なのか?

さてさて、私はかねてからmisonoさんをほんのり気にしていました。

8回目の結婚式もしたみたいですね。

 

www.dokudamiyoshiko.com

 

番組公式ホームページ(そのうち消えそうなのでリンクは省略)では、こんな風に書かれていました。

仕事を選んでばかりで稼ぎがないバンドマンという夫を持つ歌姫Mが初公開の自宅で胸に秘める思い、本気で流した涙の真相とは? 

 

歌姫?

 

ウチ姫じゃなくて???

 

 

こんな流れでした

ざっくりとこの話をまとめると、こんな流れでした。

  • 自宅公開
  • 夫帰宅
  • くわばた突入
  • くわばた説教
  • Nosuke(夫・28歳)の反論
  • くわばた説教
  • misono涙

 

 

それぞれの主張をまとめてみよう

さて、その中でいろいろと話は行ったり来たりして、最終的には「ダメじゃないかmisono!」という私の想定しているオチになったのですが、それぞれの主張をシンプルにまとめてみましょう。

 

二人の出会いと結婚当初の話

  • 出会いは、たまたまライブに行った時にNosukeの華麗なドラミングを見て一目ぼれ
  • 楽屋に乗り込んで猛烈アピール
  • misonoいわく「ウチにしか興味ない」

 

夫登場前のmisono(33歳)の主張

  • 家賃はもちろん20万円以上!
  • 金銭面に不満がある
  • 欲がない
  • YouTubeとかバラエティとかでない
  • 稼ぎが少なく生活費を入れてくれないので、全部「ウチ持ち」
  • 子作り・子育てに入りたい
  • 彼だけの収入で生活したい、金銭面で自立してほしい

misonoウォッチャーとしては、MC加藤氏と同意見で「ヒモでいいから結婚したんじゃねーの?」と思いながら見ていました。 

 

Nosuke(夫・28歳)の主張

  • 音楽で売れたいと思っていない
  • 音楽をやるより彼女と一緒に安定したい
  • 結婚前は飲食で生計を立てていた
  • 30歳までは音楽を気にせずやっていていいよと言ってくれていた
  • 飲食の仕事が音楽の妨げになるからとmisonoに辞めさせられた
  • 生活を安定させるためには、飲食の仕事に今すぐ戻ってもいい
  • でも、misonoがやっぱり30歳までは頑張ったらっていったら、音楽をやってもいい

穏やかでいい人だけど、優柔不断でちょっと弱い感じの人だな。

でも、そうじゃなきゃmisonoとは結婚できないよねー、やっぱり。

 

くわばたりえ(仲裁人)の主張

  • misonoと結婚して、急に芸能界色に染められちゃったと思う
  • Nosukeはmisonoの言うことに振り回され過ぎ
  • Nosukeの人生は自分の人生じゃないのか?
  • misonoは自分の言いなりのNosukeがいいのか?
  • 自分の意見を言える人になってほしい
  • misonoは聞く耳持っていかなきゃいけない
  • misonoは旦那をリスペクトして、立てないと可哀想

くわばたは全然好きじゃないけれども、今回はガチキレしながらも、結構正しいことを言っているなぁと、関心しました。

両方にちゃんと平等に怒れるところがいいね。 

 

くわばたの説教後のmisonoの涙ながらのコメント

  • 自分の言うことをハイハイ聞いてくれるのが愛だと思っていた
  • ウチが押さえつけていた
  • もう少し歩み寄って、話を聞いてあげようと思います 

まぁ、反省したのは素直で良いことだ。

 

オチは、これか・・・

  • Nosuke氏、「音楽以外のバラエティも出ていこうと思います」
  • 夫婦ともども、お仕事募集中で~~す♪

 

結局、言いたかったのはこれか・・・

ブログで「misoNosuke」とか書いているもんな、浸透していないけど。

ネット評で「のんちゃんとアレクみたいな狙ってる」と書かれていましたが、そういうことね。

 

無理だろ。

 

misonoの一人相撲だった

結局のところ、misonoが見栄張って高い家賃の家に住んで、ヒモでいいから音楽頑張れと言っていたくせに、そこまで売れないからバラエティに出そうとして、説教してくれる人を召喚して、バラエティ解禁させた・・・私はそんな茶番に付き合わされたのでした。

 

 

どの夫婦も、ケンカの裏には夫の言い分が

この番組は、だいたい怒れる妻が主張すると、夫の言い分が出てきて、「どっちもどっち」→「仲良くやろうぜ」で終わっていました。

赤ちゃんがいても自宅で朝までパーティーする夫とパパ活妻とか、結構ひどい夫婦もいたけれども、どれもこれも「割れ鍋に綴じ蓋」って感じで、どっちもどっちだなって夫婦ばかりでした。

 

私はこの番組から、TVに出てケンカする前に、冷静になって話し合うことの大切さや、もともと金銭感覚のあっている人と結婚することの大切さを学びました。

あと、高橋克典の仲裁が素敵でした。

 

 

こちらもどうぞ 

www.dokudamiyoshiko.com