ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

「運が良い人の特徴」を見て、やっぱりなと納得した話

f:id:dokudamiyoshiko:20180609165457j:plain

こんにちは、ドクダミ淑子です。

 

私は自分のことは「運が良い人」だと思っています。

 

もう少し詳しく書くと、「運が良い」と思い込んでいた方が運が良くなると思うので、「運が良い」と宣言することで自分自身に暗示をかけている-と言うほうが正確でしょうか。

 

さて、運が良い人、悪い人というのは本当に存在するのでしょうか?

 

普段から疑問だったのですが、『ホンマでっか!TV』で、認知科学評論家の中野信子さんが、「科学的に運がいい人の5つの特徴」というプレゼンをしたのを見て、なるほどと思ったので、今回はそれをまとめてみました。

 

 

運の良し悪しとは、科学的には振る舞いの違いである

運が良い・悪いというのは、天が決めたものではありません。

実際にランダムに選択肢を選んでもらうような実験をすると、運が良いと思っている人と悪い人との正解率は一緒です。

 

しかし、条件をつけると正解率が一気に変わる場合があるのです。

ですので、この方はこう結論づけています。

 

「運が良い人は、常日頃、運をつかめる振る舞いをしてる」

 

 

運が良い行動をする人の特徴とは

 運をつかめる振る舞い(行動)をしている人は、下記の5つの特徴があるそうです。

 

1.外向性が高い

外向性が高い人とは、どんな人なのかというと、聞き上手な人。

自分の話をおもしろおかしくすることで場を盛り上げる人ではありません。

周りに興味関心を持ち、周りの人を楽しませることで場を盛り上げる人。

 

そんな聞き上手な人は、人の心や性質に目が向き、無意識に多くの情報が入ってくるそうです。

だから、いざというときに情報をキャッチでき、チャンスをつかめるということです。

 

「聞き上手だと情報や人脈を活かし、チャンスがつかみやすい」のね、なるほど。

 

 

2.新しいものを受け入れやすい

様々な新しいことを受け入れることができる人は、チャンスがあるところにも目が向くので、結果的に「運が良い」ということになるそうです。

 

新しいものを受け入れるために、何をすればよいか?

番組の中で中野氏は、旅行に行くときに予定を決めずに行くということを提案していました。

あえて予定を決めずにいくことで、予期しないことが起こるように仕掛けて、何も決めず楽しむ訓練をすると良いとのこと。

 

「行き当たりばったりも楽しいよねー」ってことですね。

確かに強運の持ち主にはそういう性質もありそうな気がする。

 

 

3.プレッシャーに強い

プレッシャーに強い人。

これは、プレッシャーに強い人の方が、いざと言うときに焦らず冷静でいられるので、大事な局面で間違えない可能性が高いからだそうです。

 

番組内のチェックリストでは、「結婚式のスピーチを突然振られてもあわてない」と書かれていて、さんまさんは「全然平気やで」と言っていました。

でも、さんまさんくらいしか平気じゃない気が・・・ 

 

 

4.自己肯定感が強い

自己肯定感が強いかどうかも、運が良くなるポイントだそうです。

その理由は、自己肯定感が強い人の方が、他の人との関係の作り方がうまく、その分チャンスが多いとのこと。

自分の事が好きな人の方が、他人にも優しくできるってことでしょうか?

 

自己肯定感を強くするためにはどうしたらいいでしょうか?

それは、自分の心の声に耳を傾けることが大事だそうです。

 

具体的には自分の嫌いな人を観察し、最初に感じた嫌な感じから目を背けないで「そうだよね、ここが嫌いだよね」と認めること。

 

普段、私たちは嫌な人を見ても、「悪い人じゃないから」「自分の思い過ごしかもしれない」と思っていることがあります。

そういう、自分の考えを否定するのを止めて、自分の直感を肯定してあげるということですね。

 

また、嫌いな人を観察すると、自分の嫌いなところも見えてくるそうです。

「嫌い」と思う人には、自分と共通するところも含まれているから嫌いになるのだと。

他人のことをしっかり見て分析することで、自分の性質を知り、理解が含まって、自己肯定感が上がるそうです

 

 

5.楽天的な人

悪いことが起こっても、楽天的な人は「このあと良いことが起こる」とポジティブに捉えられます。

そして、失敗を恐れず、次に行動できるから成功する確率が高く、予期しないことが起こっても、良いことへのきっかけと考えるそうです。

 

これは一番納得!

ちなみにこの「楽天的であるか」が一番重要だそうです。

 

しかし、楽天的か悲観的かは、先天的なものもあるそうです。

でも、楽天的な人のそばにいると、その振る舞いを見て自分も近い考え方になれるとのこと。

 

先天的なのか・・・と驚きました。

 

 

運が良い=チャンスをつかめる人ということか

以上がテレビの内容ですが、この番組を見て思ったのは、運が良いというのは、チャンスをつかめるかどうか、という話なんだなということ。

高校生の時にチャンスの神様の話を聞き、チャンスは来たら即つかまなければいけないと聞いていましたが、それができる人が「運が良い人」になるんですね。

 

ちなみに私は、この番組内で出てきた質問の得点的にも、「運が良い人」判定でした。 

(さんまさんほどじゃないけどね!)

 

 

こちらもどうぞ 

www.dokudamiyoshiko.com