ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

【マンガ感想】君に届けが完結!アラサーが30巻をイッキ読みして号泣した

こんにちは、ドクダミ淑子です。

 

なんと、『君に届け』が完結しましたね。

かつては、君に届けを読んでキュンキュンしていた身でしたが、最近の話はついていっていませんでした。

完結したというニュースをどこからか聞き付けた私は、ゴールデンウィークを活用し、全巻イッキ読みをしました。

 


 

 

最終話、ラストシーンで号泣

最初に書いてしまいますが、ラストシーンで涙が止まらなくなりました。

 

別にそこまで予想外というわけではなく、むしろ予想通りなシーンでした。

でも、「ふんッ、想像通りじゃないの。つまらないわ」なんて高飛車な私は一切おらず、「うわわわーん!よかったねぇぇぇー!」で号泣。

その理由はあとで書いてみます。

 

 

『君に届け』ってどんな話?

『君に届け』はざっくり言うと、高校生の恋愛&青春物語です。

高校1年生の春、桜の下で出会った爽子と風早。陰気な見た目で“貞子”とあだ名を付けられている爽子。クラスでは怖がられて、浮いている存在だった爽子。しかし、風早と出会い、その言葉で変わっていく。

千鶴・あやねの2人とは、誤解の末に大事な友達同士に。少しずつ広がっていく爽子の世界。そして、爽子は風早への恋心を自覚して…。

引用元:君に届け | 作品紹介 | 別冊マーガレット 公式サイト

 

これは1巻くらいのあらすじですが、高校入学~卒業までを30巻・12年という中で丁寧に描いています。

1巻の第一話から、二人はすでに両想いなのではないかと思うのですが、それが10巻くらいまですれ違い・勘違いをしてなかなかくっつかず、それも面白い。

そして付き合った後も、ハラハラドキドキさせられる。

 

文化祭(3回)、冬休み&大みそか(3回)、バレンタイン&ホワイトデー(3回)、修学旅行、体育祭、面談、夏休み(2回)、受験勉強&受験、卒業・・・

3回同じイベントもあるけれども、1年・2年・3年と全然中身が違って、前に進んだり気持ちが変わってきたりしていて、とても面白いんです。

 

 

「胸キュン」をこのマンガで初めて理解した

この連載が始まったのは2006年。

私は大学2年生でした。

 

高校時代には痛い恋(片思い)しかなく、学校行事がきっかけで付き合うとかドキドキとかが全くなかった自分が、このマンガを読んで、「ああ、子供の頃の私が思い描いてきた高校生ってこういう感じだった」とジーンときた。

 

そして「胸キュン」というのをはじめて知りました。

本当に胸がキュンとすることってあるんだなと。

 

 

一人一人のキャラを丁寧に書いているよね

このマンガを一気に読み直して、「作者の方が一人一人を愛情持って、丁寧に描いている」ことに気づきました。

 

初めのほうは典型的なライバルキャラのくるみちゃんも出てきて、ムムっと思うのですが、そのくるみちゃんとも和解するし。  

みんなのお父さん、お母さんもそれぞれキャラが違うけれども、一人一人が娘・息子の成長に対して思いを持っているのが伝わるし。

担任の先生・兄弟・友達・お嫁さん・・・みんなみんな、それぞれの人生を歩んでいるのがわかって、作者の愛情を感じられました。 

 

 

先生と生徒の恋も健全に終わって安心する

そして、高校生たちの物語というと、出てくるのが「先生に恋しちゃう女の子」。

特に少女マンガだと「先生!」みたく付き合っちゃう奴もいて、モヤっとするのですが、この漫画では「10年早い!」で、あっさり終了したので、それは安心しました。

先生と生徒の恋って、モテない女だからかもしれないけれども、私は認めたくないな。

 

 

私が泣いた背景には、「大学生になってお互いが変わる姿」の黒い妄想があった

なぜ私が泣いたのか?

それは、後半、高校3年生あたりで、みんなが地元・札幌・東京とバラバラになってしまうというときに、ふとこう思ったのが背景にあります。

「大学に行ったり就職したりすると、人は変わるよ。彼氏・彼女が一番じゃいられなくなるかもしれない。気持ちが変わるかもしれない」

 

私は彼氏はいませんでしたが、周りの噂で高校時代のカップルが別れたなんて話を聞いて、こんなことを思ってしまっていました。

 

 

二人の気持ちは変わらない、それが愛しくてうらやましくて、泣いたんだと思う

でも、最終巻を読んで、私の黒い妄想は吹き飛びました。

 

「ああ、絶対にこの二人は大丈夫だ」 

 

二人の思いは絶対に変わらないし、こんなに好き同士の二人なら、きっといろいろなことを乗り越えられるだろう。

私の黒い妄想を、もう一人の私が涙で洗い流しました。

 

 

高校生に戻りたくなるマンガ、No.1

ということで、高校生に戻りたいと思いながらも「でも私の高校生活はこんなんじゃなかったから、転生しないと無理かな」と思わせる、素敵なお話なのです。

30冊一気にレンタルしたので、1500円くらいかかりましたが、これだけ泣ける物語に出会えるなら、お安いもんです。

 

また数年後に一気読みしたいな。

 

こちらもどうぞ 

www.dokudamiyoshiko.com