ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

【映画感想】 奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール 突然機嫌が悪くなる女ってどうなのさ?

こんにちは、ドクダミ淑子です。 

映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』を観ました。

 


 

 

あらすじ

妻夫木聡さんと水原希子さんのツーショットというなかなかない組み合わせ。

そして監督は『モテキ』の大根仁監督ということで、モテキは結構楽しくみた私は、機体していました。

 

あらすじはこんな感じです。

 

奥田民生を崇拝する33歳、コーロキ。

おしゃれライフスタイル雑誌編集部に異動になったコーロキは、慣れない高度な会話に四苦八苦しながらも次第におしゃれピープルに馴染み奥田民生みたいな編集者になると決意する!

そんな時、仕事で出会ったファッションプレスの美女天海あかりにひとめぼれ。

その出会いがコーロキにとって地獄の始まりとなるのだった…。

あかりに釣り合う男になろうと仕事に力を入れ、嫌われないようにデートにも必死になるが常に空回り。

あかりの自由奔放な言動にいつも振り回され、いつしか身も心もズタボロに…。

コーロキはいつになったら奥田民生みたいな「力まないカッコいい大人」になれるのか!?

そしてもがく先にあかりとの未来はあるのか!?

公式サイトより引用)

 

奥田民生詳しくないのでアレですが、BGMは全部民生なのかな?

どんなシーンでもマッチする曲があるって、なんかいいですね。

 

 

ストーリーはテンポよく、ほどよくどんでん返しがあり、観やすい

大根監督映画の特徴なのでしょうか、とくかく観やすいし、テンポよくストーリーは展開していき、適度にハラハラドキドキして、最後にビックリするようなシーンがあって後日談・・・みたいなのが100分に収まっていて、休みの日にちょっと映画みたいなーと思ってみるのに、ピッタリでした。

キスシーン、ベッドシーンもありますが、それも民生の音楽にのせてサクサクっと進んでいったなという印象でした。

 

 

水原希子が「出会う男すべて狂わせる」?と思ったけど、結構適役

妻夫木君が恋する女子は、ファッションプレスの水原希子。

ネットでの下馬評で、「水原希子が男を狂わせる?」的な意見も見ましたが、いざ見てみると、これがしっくりくる!

というのが、絶世の美女で高嶺の花って感じじゃなくて、喋るし動くし、表情がコロコロ変わったり、喋り方もファッションも言動も「幅」があるキャラなんですね。

 

その幅(というか「裏表」といってもいいかもしれない)のあるキャラを、違和感なく演じられるのは、彼女くらい振り切った人じゃないとできない芸当かもしれないなと思ったのです。

 

 

突然不機嫌になる女って、男は嬉しいの?わからない

しかし、私はあかり(水原希子)のキャラに憧れたり、一緒に遊びたいとおもうかというと、そうではありませんでした。

むしろ「すぐ機嫌悪くなるから、面倒くさいな」としか思わなかった。

妻夫木君がそんな不機嫌や音信不通に、狂わされていったんだけれども、私は逃げると思うのです。

 

1本1000円の大根にツッコミを入れると、キレる

例えば、こんなシーン。

1本1000円の大根を買うあかりに驚くコーロキ(妻夫木)。

「1本1000円って・・・」とツッコミを入れると、「産地にこだわってる」という水原希子。

そして大根2本くらいをポイっとカゴに入れる。

妻夫木は1本1000円のやっぱり驚きを隠せない。

すると、それに気づいたあかりがキレる。

「食べるものにはこだわりたい、産地とか見ないの?価値観合わないね」

そして、買い物途中でカゴをコーロキに渡し、「帰る」と言いながら店を出てしまう。

 

・・・え?

意味がよくわからないのですが。

 

もちろん、生産者がこだわって作った野菜は味が濃くておいしいのはわかる。

でも、1本1000円の大根をホイホイ買うのは一般的ではないと思う。

だって、八百屋やスーパーにいけば、大根は1本100~200円で売っているからね。

相場と大きくかけ離れたことをしているのに、「私のやり方が当たり前。それに合わないなら、私たち合わないね」ってどういうことでしょうか?

1本1000円の大根を買うような男は滅多にいないので、よっぽどのことがない限り、価値観が合う人はいないのではないでしょうか。

 

旅行に行ってもどこでご飯食べていいかわからなくて、泣く

また、こんなシーンもありました。

大阪出張をするあかりについて、土日は一緒に大阪で過ごそうという約束をした二人。

でも、コーロキが仕事で行けなくなっちゃう。

土曜の夜21時に終電を逃して、泣きながら電話をするコーロキに対して、あかりはこんなことを言います。

「ご飯どこに行っていいかわからなくて、何も食べていない。不安で体調も悪くなっちゃった。」

 

・・・はぁ?

 

それでファッションプレスって、どういうこと?

その辺のたこ焼きでも食ってろ!と言いたくなります。

産地にこだわったら、屋台のたこ焼きなんて食べられないと思いますが(笑)。

しかも、このくだりには裏があったのがさらに「はぁ?じゃあ何でそんなこと言ったねん!」とツッコミをいれたくなりました。

 

 

私は、精神的に安定している自分でいたいし、相手もそうあってほしい

男があかりみたいな、突然キレたり機嫌が悪くなったり、不安定になったりする人だったら、私は絶対に近寄らないし、怖いと思ってしまう。

精神的に安定していて、突然地雷を踏んでキレられたりしない人じゃないと、付き合いたくないし、付き合っても疲れちゃうと思うのですが、これって少数派なんですかね?

 

「きみ棲み」も、結局怖くてリタイアした。 

www.dokudamiyoshiko.com

 

 

1人でダラダラorちょっとだけ気になる異性と観るのにオススメ

いろいろ書きましたが、軽い気持ちで楽しめる映画なので、一人でちょっと映画みたいなーなんて時にもオススメです。

また、ラブシーンとかキスシーンも軽い感じなので、ちょっと気になる異性と一緒に観ても、そこまで変な雰囲気にもなりません。

でもお互いをちょっとだけ異性として意識しちゃうかも・・・を狙うなら、いい映画だと思います。

 

こちらもどうぞ 

www.dokudamiyoshiko.com