ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

ブログネームの姓名判断が、ことごとく「凶」だったのでネタにしてみた


f:id:dokudamiyoshiko:20180325151226j:image
こんにちは、ドクダミ淑子です。

こちらのブログで姓名判断の記事を読んで、私もやってみようと思って、やってみました。

 

www.kakukujira.com

 

こちらのサイトです。

enamae.net

結果は驚くべき内容でした。

 

 

姓名判断の結果は、「ほぼ凶」

名字「ドクダミ」、名前「淑子」で検索すると、0.2秒くらいで結果が出ました。

それは・・・ほぼ凶!!

f:id:dokudamiyoshiko:20180325140556p:plain

 

おうおう、なかなかネタになる結果だぞ。

 

 

それぞれの解説を読んでみる

「天格」「人格」「地格」「外格」「総格」など、色々な判断基準があるので、一つ一つ解説を読んでみましょう。

 

f:id:dokudamiyoshiko:20180325142731p:plain

 

こちらは祖先からもらっているので、どうしようもない運のようです。

ですが、「孤立 トラブル 不遇」って・・・もう少しどうしようもない中でも希望をくれないものか。

だって、おみくじで「凶」が出ても、「今は良くないけれども真面目に頑張れば、神や仏はちゃんと見てくれるよ、どうにかしてくれるよ」って感じのストーリーになってるじゃんか。

もはや「どうしようもないです」って冷たすぎやん。

 

・・・あ、私の本名「ドクダミ」っって名字じゃなかった(笑)。

ちなみに、旧姓は「吉」。

結婚後の姓は「凶」でした。

 

f:id:dokudamiyoshiko:20180325142347p:plain

 

几帳面かどうかはおいておいて、自我の強さ、反抗心・批判精神などはだいぶこの名前では当たっていると思います。

寛容さを持ち、不満を抑える・・・できるかな。

いや、それをやらずに好きなことをするための、ペンネームなんだからな。

 

f:id:dokudamiyoshiko:20180325142947p:plain

 

なんかすごく情熱的で自分勝手で、って感じの人なんですね。

 

f:id:dokudamiyoshiko:20180325142429p:plain

 

とにかく「人生が急展開する波乱の人」らしい。

なんかこんな名前の人が本当にいたら、可愛そうだなってくらいの結果ですね(他人事)。

 

f:id:dokudamiyoshiko:20180325142456p:plain

 

目標を絞って力を集中する・・・雑記ブログでそれを実現できるかどうか。

(やる気なし)

 

 

f:id:dokudamiyoshiko:20180325142539p:plain

 

大輪の花火のような「ドーン、バーン」な人生のようです。

そこまで花開いていないので、それはそれで楽しみ。

 

 

全体的に、情熱的で波乱の人らしい

ブログのペンネームを付けるときに、特にこういう姓名判断とかは考えずにつけたのですが、ここまで運が「凶」な人だったとは、びっくりでした。

情熱的・波乱・エネルギッシュで大輪の花火のようなブログ人生。

 

まぁ良いのではないでしょうか。

 

 

本名は「大吉」。親に感謝する

そういえば、私の名前の漢字は、姓名判断から選んだと親が言っていたのを思い出して、旧姓&新姓でやってみたら、名前は「大吉」でした。

自分のブログネームは適当につけたけれども、子どもの名前は適当につけちゃいけないわ・・・親に感謝だなと思った瞬間でした。

 

ちなみに、旧姓の総画は、「特殊格」でした。

f:id:dokudamiyoshiko:20180325145755p:plain

 

仕事運はいいけれども、結婚運が悪い・・・まぁ結婚したし、きっと運が変わったとポジティブに考えることにしましょう。

 

 

占いは、正直あまり気にしていない

色々書いたのですが、私は占いは全く信じない派。

26歳の時に「29歳で運命の出会いをし、その人と結婚する」という予言が外れたときに、26歳で付き合い始めた彼が「運命の人じゃないのかな?」なんて疑ったこともありました。

でも、占いでその日初めて会ったババアに何を言われても、彼とのお付き合いが変わることはないなって思ったんですよね。

結局、29歳では運命の出会いはなく、26歳から付き合っている彼と結婚したし。

 

占いを気にしてそれに結果が引っ張られる方が、人生損していると思うんですよね。

 

自分の人生は自分で切り開く。

ドクダミの葉のように、しぶとく・根深く・クセのある女で走り続けていきたいものです。

 

こちらもどうぞ 

www.dokudamiyoshiko.com