ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

あれから7回目の3月11日に思うこと

f:id:dokudamiyoshiko:20180312000136j:plain

こんにちは、ドクダミ淑子です。

本日、3月11日は、東日本大震災の日ですね。

私は関東に住んでいるので、東北のように直撃はしませんでしたが、今でも鮮明に覚えています。

 

金曜の昼、その日から世界が変わったと思った

金曜の15時前、いつもの地震よりも大きいなと思って、揺れる中でコートも着ずに外に避難したこと。

目の前のビルが柳の木のように、ぐわんぐわん揺れている様子を目の当たりにしたこと。

その瞬間、「世界が終わるのかもしれない」と本気で思ったこと。

寒いはずなのに、寒さよりも恐怖が打ち勝って、その場から動けなかったこと。

 

家や車が簡単に流されていく様子を見て、呆然としたこと。

電気やガスや水道が止まって、人間の生活のもろさを感じたこと。

ガソリンを入れるために、走り回ったこと。

 

就職して仙台に住んでいた友達が、我が家に避難してきたこと。

彼女はたくさんの人の亡骸を見てきたという話を聞いたこと。

 

Googleが安否確認のシステムを即作り、テクノロジーやSNSが人のつながりを作ったこと。

沢山の義援金が集まり、ボランティアが集まり、物資支援をする人がいたこと。

 

沢山のことが衝撃過ぎて、7年経った今も、鮮明に覚えています。

でも、きっと、そのうちに私の鮮明な記憶も薄らいでしまうだろうし、7年、10年、20年と経つと、「震災を知らない世代」もどんどん出てくるだろう。

もう私のおばあちゃん世代しか残っていない、第二次世界大戦の時代のように。

 

 

震災復興ボランティアにも参加した

当時社会人4年目でしたが、何度か土日を使ってボランティアに行きました。

元・畑だったところにがれきが大量に流れ込んでいて、その一つ一つのがれきやガラス片や、茶わんのカケラを拾い集めて、再び畑にするための作業をしました。

でも、いくら掘っても掘っても出てくるがれきの山に、本当にここが再び畑になる気がしなかった。

でも、「ありがとう」と言ってくれる畑の持ち主の老夫婦の顔を見ていると、そんなこと考えている場合じゃないなと思って、必死でやった。

長い時間がかかるかもしれないけれども、きっと、必ず、ここは畑になるんだ。

そう信じて、作業をした。

あの場所はバスでいったからもう行けないけれども、畑になっているといいな。

 

 

若者の心にも変化があった

震災の年から、就職活動をする若者の意識にも変化がありました。

 

1つは、実家から通いたい、家族のそばにいたいと希望する人、子どもにそばにいてほしいという親が増えたこと。

「最近は実家から通いたいという軟弱な学生が増えている」という人事の方もいます。

楽だからという人もいるかもしれませんが、 そうではない理由もあるのです。

 

そしてもう1つは、社会貢献したいという学生が増えたこと。

「社会貢献」に疑問はあるものの、人の力、人の親切心で乗り切ってきたことを見ているからこそ、世のため・人のためになる仕事がしたいと強く思う若者が増えました。

 

天災はいつ起こるか、人はいつ死ぬかわからない、だからこそ

ある日突然、世界が変わった経験をした私たちは、これを強く実感しました。

「いつ何が起こるかわからない、だからこそ、後悔しないように生きよう」

25歳でここに気づいて、私の人生は大きく動いたと、32歳の今振り返って思うのでした。

 

 こちらもどうぞ

www.dokudamiyoshiko.com