ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

正月太りの恐ろしさを知った2018年の年末年始

f:id:dokudamiyoshiko:20180130221129j:plain

こんにちは、ドクダミ淑子です。

正月が明けて、あっという間に1ヶ月経ちました。

年末年始に私は3キロ太り、そして2キロは戻りました。

つまり・・・わかりますよね?

プラス1キロがまだ戻っていないのです。

 

今までそこまできついものだと思っていなかった、正月太り。

今年は正月太りをモロに経験し、なぜ正月太りなんて現象が起こるのか・・・を書いていきたいと思います。

 

私の実家での正月は、パーティー+ショッピング

そもそも、私がお正月でそんなに太ると思っていなかったのは、我が家や昔からの親戚の家でのお正月は、そこまで食事が多くなかったからなんですね。

 

  • 年始の挨拶
  • 乾杯
  • おせち食べる
  • ハムなどのオードブル出てくる
  • 食べて飲んでお腹一杯になる
  • 麻雀、花札などの正月ゲーム始まる
  • 子供は暇なので、散歩に行くかテレビゲームに熱狂
  • 買い物好きの女性は福袋を買いに行く・初売りに行く
  • いろいろ終わったら、おしるこorカレー食べて、解散

 

こんな感じだったので、そこまでお腹一杯になるって日ではなかったんですね。

だから、多少の増減はあるにせよ、今年のように3キロ太るとかはありませんでした。

 

 

夫の実家での正月は、ひたすら食べるだけ

しかし、夫の実家でのお正月は、まったく違いました。

 

  • 乾杯
  • おせち食べる
  • 手巻き寿司食べる
  • お雑煮食べる
  • テレビ見る
  • こたつの上に置いてあるお菓子食べる
  • 昼ごはん食べる(朝の残り+α)
  • 手土産で持ってきたお菓子食べる
  • 少しうとうと、昼寝する
  • 夜はすき焼き食べる
  • ケーキ食べる
  • お風呂入る
  • アイス食べる
  • 夜食のカップラーメン食べる
  • 寝る

 

・・・衝撃でした。

 

規則正しく、食べまくる

  • 朝ごはん→8時
  • 昼ごはん→12時
  • 夜ごはん→18時

 

ご飯を食べる時間は、とても規則正しいんですね。

でも、その間にも食べるし、22時に夜食を食べるから、その規則正しさが台無しでした。

そうして、同じような食生活が、3日続きました。

 

いい嫁を演じようとすると、食べ過ぎる

そして私の反省は、良い嫁を演じようとしたところです。

食事の支度をしていたから、少し食べはじめが遅い義母に付き合って、夫が飽きて席を立っても、最後まで食卓にいて、つまんでいる。

「淑子ちゃん、食べなよ」という義父母に言われるがままに食べる。

「お正月だから」と言われて飲んで、飲むとつまみがほしくなる。

良い嫁をやると、食べすぎてデブになりますね。

 

 

来年に向けて残しておきたい注意事項

あと11ヶ月後には忘れてしまうので、備忘録で注意すべきことを残しておこうと思います。

 

手土産は自分が食べたいものを買わない

そもそもの間違いの始まりは、自分達が食べたい手土産を自分達も食べられる量を買って、持っていったことです。

間食は手土産が存在するところから始まるので、手土産は自分があまり好きでないものを選ぶか、量を少なめにすべきだと思いました。

 

ゆっくり食べる

私のデブ化の理由は、食べるのが早いということにもありそうです。

食べるのが早く、お正月だと時間をかけてダラダラ食べるので、結果的に量が莫大になります。

特に意識して、一口30回とかやったほうがよさそうです。

これは残り11か月で習慣化させたいですね。

 

食事に付き合うのはお茶にする

他の人の食事に付き合うのは、お茶やコーヒーで十分。

その人が食べている間に、何かを飲みながらお喋りしていたら十分だったと思います。

  

散歩に行くのもあり

家にいると食べすぎるので、出掛けるのも一つの手です。

散歩したり、ショッピングしたりするだけでも、食べる時間が減るので結果が変わると思います。

 

夕飯以降は何も食べない

昼間はどうしようもないとしても、夜はアイスや夜食を絶つのは大事だと思いました。

ここで何も食べなければ、18時→翌8時までの約14時間が消化タイムになるので、少しはデブ化が抑えられるのではないでしょうか。

 

 

さて、どうやって戻そうか

問題はここです。

なかなか戻らないアラサーの贅肉。

しかし、特別なことはせず、ジム+食事でどうにかマイナス1キロ、いや3キロ減らしたい!

とりあえずの目標は、1ヶ月でマイナス1キロ、3か月でマイナス3キロを目指します。 

 

こちらもどうぞ 

www.dokudamiyoshiko.com