ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

女子力とみりんについて。みりん風調味料との違い。

f:id:dokudamiyoshiko:20180129230603j:plain

こんにちは、ドクダミ淑子です。

突然ですが、みりん

 

ふと思い出したのですが、ちょっと前に、アラサー女子力や恋愛ネタで「みりん」が立て続けに登場したことがありました。

思い出してもやっぱり不思議なので、まとめてみました。

 

女子力×みりんのネタ、2連発

ある時、なぜか私の前に現れた、みりん。

少し前ですが、連続してみりんの話が出てきたんですよね。

 

男性の部屋に「みりん」が置いてあると、他の女がいる証拠

 これは、女医の西川史子先生が提唱した説らしいです。

「みりんなんてものを買う男はいない。冷蔵庫や戸棚の中にみりんがあったら、彼には他に女がいる」

みりんは、和食を作る女がいる証拠だと。

 

また、男ができたら、みりんを置くべしという、マーキング的なネタも同時期に聞きましたね。

 

「ちゃんと、みりん買ってるの?」という、愛するお節介な友人

新婚ホヤホヤの時期、実家を出て毎日のようにご飯を作り始めた頃、一人暮らし歴の長い友人が、私の料理状況を確認するときに、みりんが登場しました。

 

  • 砂糖ある? → あるよ(ドヤァ)
  • 塩ある? → あるよ (ドヤァ)
  • 味噌ある? → あるよ(ドヤァ)
  • オリーブオイルは? → ごま油が好きだからない
  • じゃあ、みりんは? → ないけど・・・

 

結局、「まだ、ちゃんと料理してない。調味料そろえろ」で終わりました。

みりんって・・・そんなに大事な存在なのか?

 

みりんとは、何なのだろうか。

女子力・嫁力の証=みりんなのか?

私の中で、みりんの謎が深まりました。

 

 

そもそも、みりんって何?

こちらのサイトに、めっちゃわかりやすい記事がありましたので、こちらを参考にまとめます。

tg-uchi.jp

 

みりんとは、蒸したもち米・米麹・焼酎などのアルコールを合わせて熟成させて、糖・アミノ酸・有機酸などを発生させたものだそうです。

 

その効果は様々です。

  • 味がまろやかになる
  • 照り焼きのような「ツヤ」「テリ」が出る
  • 荷崩れを防止する
  • 料理に深いコクと旨味が出る
  • 味が早くしみこむ
  • 食材の臭みが消える

いいことづくめですね!

みりん、すごいじゃないか。

 

似ているようで結構違う、みりん風調味料

そして、みりんとは違う、「みりん風調味料」というのもの存在します。

みりん風と区別するために、みりんは「本みりん」と呼ぶことが多いようですね。 

 

みりん風調味料は、糖類・米・米麹・うまみ調味料(アミノ酸など?)・香料などを短時間で混ぜ合わせて作るものです。

熟成期間を置かず、またアルコールを発生させないので、値段が安くなります。

 

ちょっといい調味料買うと、料理上手になれるらしいで

料理初心者だと、みりんとみりん風調味料の区別がつかないため、みりん風調味料の方に手を出してしまうことが多々あります。

私も初めはそうでした。

しかし、みりん風調味料とみりんは、製法などからわかるように、味の深みが似ているようで全然違います。

料理初心者こそ、本みりんを使ったほうが、その他がテキトーでも、味がビシッと決まるものなのです。

 

これは、私の愛読する20~30代の実売率No.1の主婦雑誌『サンキュ!』に書かれていましたが、家でのごはんをおいしくして、外食を少なくして、節約するためには、調味料をちょっといいものを買うという手もあるそうです。

実際に、塩・砂糖・味噌・料理酒・みりんなどはこだわりのブランドを使って、毎日のご飯を充実させているという主婦の事例が紹介されていて、なるほどなと思いました。

 

ただし、調味料は基本だけでOK、変わった物は買わないという説もある

しかし一方で、『サンキュ!』には、「凝った調味料・普段あまり使わない調味料・応用が利かない調味料は買わない」というルールもありました。

あくまでも主婦目線ですが、いい調味料で和食をベースに料理をするっていうのは、毎日の料理を充実させ、かつ節約をしていくのにはいいのかもしれませんね。

 

 

まとめ:みりんって不思議だな

最終的なまとめとしては、みりんって不思議な存在だなというところでしょうか。

いるだけで女子力・嫁力の証になり、料理に対しては多大な効果を発揮し、そして節約にもつながる・・・1本くらい用意しておくと、何かと便利なのかもしれないですね。

 

 

こちらもどうぞ

www.dokudamiyoshiko.com