ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

野村沙知代・サッチー死去のニュースを知って、32歳が思ったこと

f:id:dokudamiyoshiko:20171209234649j:plain

こんにちは、ドクダミ淑子です。

金曜日の夕方、今週もよく頑張ったなぁ、と少し緩んだ空気の社内。

それは突然、ニュースサイトの速報として、社員それぞれのスマホに上がってきました。

「野村沙知代さんが死去」

 

私(32歳)は、向かい側の後輩(24歳)に声を掛けました。

「サッチー亡くなったんだって!!」

 

後輩から出たのは、意外にもこんなコメント。

「サッチー?誰ですかそれ?」

「・・・ジェネレーションギャップ!!」

 

その日、日本のオフィスで、こんなやりとりが何回繰り広げられたのでしょうか?

 

ミッチー・サッチ―騒動、私は中2だった

ミッチー・サッチー騒動が起こったときは、私は中学2年生でした。

(なので、先ほどの後輩ちゃんは小学校低学年なんですね、そりゃ覚えていないはずだ)

中2からすると、ワイドショーを日々騒がせていたこの騒動は、主役の2人が70歳近くということもあって、どこか遠い世界のように思えました。

「おばあさんたちがTVでケンカしてる、怖い」くらいしか思っていなかったと思います。

私の記憶の中だと、ミッチーというガラガラ声のバアさんと、サッチーというケバいバアさんが、カメラの前でお互いの悪口を言っているシーンだけしか残っていませんでした。

 

実際は、メディアの一方的な叩きと、脱税騒動などの事件もあったらしい

Wikipediaによると、こんな事件だったようです。

  • 衆議員選挙に立候補して繰り上げ当選しそうだったサッチ―を、ミッチーが呪いの言葉をかける
  • サッチーが「金持ちケンカせずよ」と流そうとしたところ、ミッチーの怒りに火が付いた
  • 「そういえばサッチーにこんなこと言われた」「あんなこと言われて傷ついた」という人がわらわらと出てくる
  • デヴィ夫人も参戦
  • 気づいたら熟女バトルから、一方的なサッチー批判になる
  • サッチーがいろいろあって逮捕される
  • ミッチーが「正義は勝つ」なんて記者会見をする

すごい、「起承転結」っていう流れになっている、美しいストーリー。

途中からググっと流れが変わってきたものの、最終的にはミッチーが〆るという展開も、意味不明ですね。

 

中2からすると、ミッチーが怖かった

Wikipediaを見て、こんな事件だったのか・・・と思う今。

でも、やっぱりハッキリと覚えている記憶は、「ミッチー怖い」ということでした。

相手がかわそうとしているのに、その隙を与えずに、リングに引っ張り出そうとするような勢い。

そして、「告訴してやる」「お天道様は見ているんだよ!」と言う、ガラガラの声。

とにかく、見た目と声が恐ろしくて、いろいろ詐称しているサッチーの方がまだ上品に見えていました。

 

今振り返ると謎だなって思うのですが、最終的にミッチーが「正義は勝つ」と言っていた記者会見って何を目的として開いたのでしょう?

駆け付ける記者は、どう思っていたのでしょうか?

「あの時には『数字になるぞ』と思って興奮していたけど、今思い出すと最強にくだらなかったな」と思うような、まともな人であることを願います。

 

人は死ぬのだということを、改めて感じた瞬間だった

 

さて、先ほどのオフィスに戻って。

「ドクダミさん、なんでそんなにサッチ―っていう人が亡くなったことで騒いでいるんですか?だって85歳ですよね・・・?」

「違うんだよ!殺しても死ななそうな人だったんだよ」

 

そう、私がショックを受けたのは、「どんな人でも死ぬ」という揺るぎない事実を、サッチーの死で改めて実感したからなのです。

どんなに濃いキャラでも、いろいろな人から憎まれても逮捕されても飄々と生きている(ように見えた)人でも、人は年を取り、そして死ぬのだということ。

 

だから、後悔のないように生きていかなきゃいけないな。

 

こちらもどうぞ 

www.dokudamiyoshiko.com