ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

ロンブー淳の言っている結婚観・恋愛観が正論過ぎて、アラサーは撃ち抜かれた

f:id:dokudamiyoshiko:20171206232902j:plain

 

こんにちは、ドクダミ淑子です。

ロンブー淳さんのインタビューが、なかなか的確かつ正論で、この人意外とまともだなと思ったので、今回はこの記事の感想を書いていきます。

gingerweb.jp

 

この記事は、アラサーの『GINGER』編集者3人の恋愛お悩み相談連載のイントロダクションとして、ロンブー淳の結婚観・恋愛観などを滔々と語っているものです。

仕事が忙しいGINGER世代、結婚かぁ・・・と悩む人たちにズバズバと切り込んでいます。

  • 家族を作るか個として生きるかをジャッジするのは自分次第
  • 結婚するかしないかは自分で決めるもの。自問自答を繰り返さないと答えは出てこない
  • 自分の今の考えに従って動く、ダメならまた考える
  • 失敗を繰り返してもがき続けない限りは幸せはつかめない
  • ジャッジをしないのは思考停止、考えていないのと同じ
  • 自分は結婚したいのか?したくないのか?ちゃんと自分の「今」の答えを出して、動き出せ

・・・まぁ、正論ですね。

 

自分でジャッジする機会って、実はあまりないのかもしれない

私たちは、人生を多少なりとも選択しながら生きてきました。

しかし、その選択も、時期が決まっているもの、家族(特に親)の意見が大きく影響するものなどが多く、自分自身で時期を決め、やることを決める、という機会はほとんどありません。

  • 中学を卒業したら、(大半が)高校へ行く
  • 高校を卒業したら、就職するか進学する
  • 大学を卒業したら、就職するか進学する

こんな風に、ある程度年齢ごとに「これを決めなアカン」というものがあり、それに沿って決めてきたのです。

自分自身で時期を決め、そもそもするか・しないかから選択すると言ったら、転職・結婚・引っ越し・旅行などくらいしかなく、大きな決断と言ったら、転職と結婚くらいではないでしょうか。

 

自分の気持ちに向き合わない限りは、本当の幸せは掴めない

人生を左右するようなジャッジを自分ですることが「怖いからとりあえず決めない」「先送り」という考えに逃げがちな人に、淳氏はズバズバと切り込みます。

  • 年を取ってからよりも「今」の方がダメージは少ない
  • 失敗しても軌道修正できる

適齢期とかは関係なく、「今」自分が何をしたいのか、それをとことん考えろ・・・厳しいけれども、正しいのだと思います。

 

相手ありきだから・・・ってのも言い訳。相手を自分で探すところも行動の一つ

淳氏の主張に、もう一つ反論するセリフが私の中から出てきました。

「だって、結婚って相手ありきじゃないですか?相手がいないので結婚できないんです」

でも、彼の言葉に「相手ありき」というのはありません。

相手がどうこうからスタートするのではなく、自分が結婚したいのか、したくないのかからスタートして、相手はそのゴールから逆算して探す・・・それが淳流なのだと、私は想像します。

 

私がジャッジしようとした、30歳の誕生日の話

話はそれますが、私も大きなジャッジをしようとしたことがありました。

人生初めての彼氏、3年付き合ったけれども、プロポーズされないし結婚の話も出ない、周りはどんどん結婚していく・・・そんな時に30歳の誕生日を迎えました。

その月に代休を取らなければいけないということもあり、誕生日を休みにしたのですが、その時に私が行ったのは、ペットショップでした。

彼氏が結婚の意思を示さないなら、今度の旅行を最後の思い出にして、私は犬を飼い、犬とともに生きていくんだ――一人でそんな決断をしたのです。

 

しかし、その場で買うことはありませんでした。

自分の誕生日だから衝動買いするのは、犬の人生にとっては迷惑な話ですからね。

飼うなら飼うで、彼と別れて、きちんと環境を整えから迎えようと思いました。

 

結果として、その「今度の旅行」に行く前にプロポーズしてもらい、私の人生は「犬を飼う」から「結婚する」に大きく舵を切りました。

でも、あの瞬間に「一人で(犬と)生きていく」と決断したのは、自分では大きな成長だったと思います。

生まれて初めての彼氏、この人を逃すと一生結婚できないかもしれない、そんな風に周りから言われ自分でも思っていた人と別れてでも、この中途半端な交際状態を断ち切るんだ、そこまでしっかり考えぬけたって、結構すごいことだと思うんですよね。

 

自分がしたいことを決めて、そのために行動をする、これからも続けていこう

淳氏の文章を読んで、自分の「決めた」話を思い出しました。

先送りできることを「今」やる、そうすることで人生を切り開いていこうと思いました。

 

こちらもどうぞ

www.dokudamiyoshiko.com