ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

「お見合いの方が恋愛よりも満足度が高い」という話から、幸せの感じ方を考える

f:id:dokudamiyoshiko:20170823201946j:plain

こんにちは、ドクダミ淑子です。

以前、面白い話を聞いたことがあります。

「恋愛結婚とお見合い結婚だと、お見合い結婚の方が満足度が高い」

なぜなのでしょうか?

今回は、「幸せの感じ方」についてを考えていこうと思います。

 

お見合い結婚の方が満足度が高い理由

お見合い結婚の方が結婚生活への満足度が高いのは、「結婚がスタートラインになるから」だそうです。

 

最近はカジュアルなスタイルも多いと聞いていますが、ガチのお見合いとなると、仲人がいて、ホテルのラウンジとか料亭で、「後はお若いお二人で・・・」とかいうやつですね。

二人は出会ったときから「結婚前提で付き合う可能性のある人」で、付き合ったら「結婚前提で付き合っている人」になるのです。

もちろん、破断になる場合もあるけれども。

だから、結婚することはゴールではなく、もはや決まりきっている・避けられないことなのです。

 

お見合いの場合「結婚する」は確定、だからその中で「幸せになる」しかない

結婚することはほぼ決まっている。

既に決まっているのなら、結婚生活をより良くするためにはどうしたらいい?という姿勢にお互いがたって、同じ目線になるので、不満があっても二人で解決していこうとなり、結果的に満足度が高まるということです。

結婚は、ゴールではなくスタートライン。

だからそこから二人でゴールを目指していくのです。

 

恋愛の場合は、結婚することがゴールになり、好きの気持ちの上下関係がある

一方、恋愛だと、結婚することがゴールになってしまいがちだから、そこから先の”二人で幸せになる”ことを考えにくいと、その説は言っていたと思います(うろ覚え)。

また、恋愛だと、最初の「好き」のレベルや告白した方・された方の上下関係が生まれて、”二人で幸せになる”ではなく、”幸せにしてもらう”を考える方が出てくることがあるとも言っていたと思います(うろ覚え)。

 

恋愛結婚の場合は、全てが自由意志。だから辛くなる?

また、恋愛の場合は、お互いが好きで付き合い始めても、常に「別れる」という選択肢はあります。

「別れる」という選択肢があるにも関わらず「結婚する」を選ぶので、結婚生活がうまく行かなくなったときに「あの時別れていれば・・・」という後悔が出てきてしまう。

自分の意志で結婚したのに、上手く行かないとなると、不満が募ります。

 

選択肢が多すぎる世の中で、「決める」は責任重大

自分も恋愛結婚ってやつですが、これって結構真理だと思うんですよね。

選択肢の多い世の中にいる私たちは、「選ぶ余地もなく決まっている」ということは、あまりない。

だから、「もう決まっているんだから」と腹を括ることも、あまりない。

そうすると、自分の選択に自信を持って行かないと、いつもいつも迷うことになる。

決めたとしても、「もっといい選択肢があったんじゃないか」と迷う。

その迷いを断ち切った先に、「二人で幸せになる」は待っているけれども、そこまでたどり着く道のりは、まー遠い!

 

まとめ:幸せの感じ方は自分の気持ちとスタンス次第ということ

結局、幸せかそうでないかというのは、その人自身がどう思っているかというところで、お見合い結婚だから幸せで、恋愛結婚だから不幸せという話ではないと思います。

結局は腹を括って、「私は、この人と二人で幸せになるんだ!」と覚悟を決めることが大事で、そこまで行ければどっちでもうまく行くのではないかなと思います。

 

こちらもどうぞ

www.dokudamiyoshiko.com