ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

夏風邪を引いたので、夫婦間のエアコン設定温度問題について考えた

f:id:dokudamiyoshiko:20170811013646j:plain

こんにちは、ドクダミ淑子です。

 

少し前、東京都心でも37度を記録する猛暑の中・・・風邪を引いていました。

理由は多々あるのですが、私は「家の中がエアコン効きすぎて寒い」が、原因ランキングの第1位だと思っています。

 

男女間の体感温度の差は、確かに存在する

TVCMでも、杏さんとオードリー若林さんが「暑がり!」「寒がり!」と口論をしていますが、この問題は生理学的にも根拠があるそうです。

www.mitsubishielectric.co.jp

もともと男女では筋肉量に大きな差があります。

男性の方が筋肉量が多く、基礎代謝が高いので、普通に生活しているだけで身体の中で熱を作り、それを汗をかきながら放出しています。

対して女性は、皮下脂肪が多いので、熱を生み出しにくく、また一度冷えると再び温めにくくなり、それが冷え性の原因となってしまいます。

男女間の体感温度の差は3~5℃もあると言われています。

 

夫は極度の暑がり、私はスーパーでも凍えるほどの寒がり

私の夫は極度の暑がりです。

ちょっと歩いただけでも、汗だくになっていることがありますし、インドカレー屋やラーメン屋にいってカレーやラーメンを食べると、顔中から玉のような汗が出ています。

ですので、汗だくになるラーメンよりもつけ麺が好きです。

デブではないのですが、デブ以上の汗のかき方をしているので、よくそれをネタにしていますが、たまに心配になることもあります。

 

対する私は、家族でスーパーに行っても、精肉・鮮魚・冷凍・チルドなどのコーナーでは冷風でお腹が痛くなるような体質で、長時間いるとキューっとお腹が痛くなってしまうので、自主的にお菓子コーナーに避難していました。

スイミングスクールに行っていた時は、帰宅後トイレに駆け込み、ピーピー状態でした。

あまり意識していませんでしたが、昔から寒さに対応する力が弱いんですね。

 

理想は、別室で寝ること?

ネットでこの問題を調べると、解決策として、下記がよく出てきます。

  1. お互い譲り合う
  2. 寒がりが厚手の布団をかける
  3. 夫婦別室で寝る

1の「お互い譲り合う」というのは、イマイチ理解できませんでした。

「男性の理想のエアコン設定温度が22℃、女性が28℃なら、間を取って25℃に設定しましょう」は、どっちにもメリットがありません。

男性は暑いし、女性は寒い・・・意味がないですよね。

 

そうすると2か3になります。

ネットでどちらがいいか調べてみると、リラックスということを本気で考えると、夫婦別室にしたほうがいいなんて意見もありました。

 

woman.mynavi.jp

 

でも、私は仲良く一緒に寝たいと思う

ただ、私はやっぱり一緒の寝室で寝たいと思っています。

いつもTVを付けている家なので、どうでもいい話をするとしたら、寝る前が一番ベストなのです。

ゲームの話、仕事の中で笑ったこと、明日は何しよう、何が食べたいなど・・・

別に面と向かって話さなくてもいいけれども、なんとなく共有したい。

そんな話をするのが、寝る前の時間・二人の寝室なのです。

 

結局、寒がりが着込むしかないという結論に

ですので、我が家では、ベッドは同じでも、布団は2種類。

そして妻の私が長袖・夫が半袖Tシャツで寝るというスタイルです。

エアコンの設定は除湿・26度、一晩中つけっぱなしです。

 

まぁそれも、夫婦円満のためにもいいのかなと思っています。

 

こちらもどうぞ

www.dokudamiyoshiko.com