ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

【ポケモンGO】50代以上ポケモン女子に告ぐ、レイドバトルの戦い方

f:id:dokudamiyoshiko:20170813120306j:plain

こんにちは、ドクダミ淑子です。

最近ポケモンGOについて熱く語っていますが、今回で(たぶん)最終回。

レイドバトルに参加する初心者さんへのアドバイスをしたいと思います。

 

・・・というのは、初心者ばっかりだと人数いても勝てないんだよ!

昨日は、15人いてもルギアに勝てなかったんですよ。

見回すと、推定50代女子1名、推定60代女子2名、60代男子2名・・・

そして出てくるポケモンはラッキーばかり・・・

後半は回復して再戦してくる様子もなく、ルギアに向かうポケモンは4体くらいに。

 

そりゃ勝てないわ・・・

 

これを読んで、「あ、うちの母ちゃんのことだ」という方は、ぜひリンクを送ってあげてください、まじでお願いします。

 

 

ポケモンには「タイプ」があるんです

ポケモンには「タイプ」があります。

レイドバトルをする上で一番大事なのは、タイプと言っても過言ではありません。

そして注意しなければいけないのは、ポケモンGOのポケモンは、ポケモン固有のタイプと、持っている技のタイプが違う場合もあります。

 

たとえば、バンギラスも、個体としては「いわ」「あく」タイプですが、通常技が「アイアンテール(はがね)」、スペシャル技が「だいもんじ(ほのお)」なんて場合もあります。

 

よくわからないという初心者の方は、レイドバトルに出かける前にタイプ早見表を見て、自分のポケモンを見て、どれを参戦させるのかを決めておきましょう。

「そんなの難しくて忘れちゃうわ!」という方は、参戦させるポケモンを「0」と名付けておくと、「名前順に並べ替える」をすると先頭に出てきますのでオススメです。

 

タイプはこちらを見てください。

www.pokemon.co.jp

 

レイドバトルは「勝てる人数」があります

レイドバトルは、勝つために必要な最低限の人数がいます。

私の感覚だと、サンダー・ファイヤー・フリーザーだと最低8人、ルギアだと最低12人くらいです。

それも、「タイプを知らない初心者を除いた、普通に戦える人の数」なので、あなたが初心者で、周りを見まわして50代以上女子が多くいる場合は、この1.5倍くらいの人数が必要になります。

それだけ、タイプを合わせたポケモンで戦うことは大切なのです。

 

もしもレイドバトルに入って、人数が少ないなという時は、100%勝てません。

20秒前になっても人数が集まらないなら、「逃げる」をして、もう一度入りなおすことをオススメします(チケットは同じジムのレイドバトルなら何度でも使えます)。

もしかしたら並行して、もっと人数が集まっている集会所があるかもしれません。

戦っている最中も、時間が4分の1経ってもボスのHPが4分の1以上、時間半分・HP半分に達していない場合も、勝てないので逃げて、もう一度最初からやり直しましょう。

 

人数が少なくても戦い続けることは、時間の無駄なので、絶対にやってはいけません。

 

ハピナスは強くありません!

50代女子のよくやる失敗として、「ハピナス」を投入するというものがあります。

ハピナス、強くないから!!今すぐひっこめろ!

 

いやわかりますよ?

「だって、元から入っていたんだもん。ポケモンGOがオススメしているんでしょ?」

と思うかもしれません。

 

でも、ハピナスはただ単にCPとHPが高いから選ばれているだけで、攻撃力は全然強くありません。

だったら、CP低めでも、タイプがあっているものの方がまだマシです。

 

レイドバトルで全滅した場合も、どうぐ→げんきのかたまり で回復できるので、全滅したら早めに回復して再戦すればOKです。

ここで、ケチって「げんきのかけら」→「きずぐすり」なんて使おうものなら、ビンタものです。

仲間のためにも、自分のためにも、ケチらずにさっさと回復しましょう。

 

わからない場合は、ネットで検索or家族に聞くorレイドバトルで近くのお兄さんに聞きましょう

もしも家族と話せるなら、教えてもらうことで家族の会話が増えますので、ぜひ家族に聞いてみてください。

それもできないなら、レイドバトルに一人で参加している、30~40代のお兄さんに「オススメは何ですか?」と聞いてみてください。

自己流で挑むのは、自分のためにも周りのためにもなりません。

 

ポケモンGOをやっているだけではなく、タイプの話までできるマダムの方が素敵です。

しっかりお勉強して、サクッとレイドバトルで勝利できるポケモン女子になってくださいね(祈り)。