ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

【ドラマ感想】VIRGINS(バージンズ)~Season3第3話~若いのにそれはないだろう

f:id:dokudamiyoshiko:20170728220122j:plain

 

こんにちは、ドクダミ淑子です。

こちらのブスがイチャイチャするドラマ、第3話も見てしまいました。

fod.fujitv.co.jp

▼見てみたい方はこちらから。今なら最大1か月無料キャンペーン中だそうです。[PR]

 

服装も「デート仕様」になっている!

ゆゆのファッションが、いつの間にデート仕様になっています。

ピンク色の小ぶりのバッグ、ふわふわ素材の白スカート、Gジャンという、大学1年生が大学デビューを目指して買うような服装をしています。

そして、メイクもなんだかうまくなっていて、はじめのインタビューとは比べ物にならないくらい可愛くなっています。

 

旅館でお泊りって・・・でもそこも少女マンガ仕様

晴れて(?)カップルになった二人。

「ゆゆ、好きだよ」

そして、ゆゆの夢をかなえるために、旅行に行き、旅館にお泊りします。

そして、21歳の男女とは思えない、ゆったりのんびりした布団シーン。

(若いんだから、もっとガツガツするだろうに・・・)

10分近くキスし続けるという、唇がオバQになりそうなシーンがありました。

 

(あ、オバQって言われても、おじさん・おばさんしか知らない?)

 

フェイクドキュメンタリーという、よくわからないジャンルだから、その辺はやんわりとごまかしているけれども、何がしたいのかよくわかりませんでした。

 

リアルでも、ゆゆは耀太を好きになっているだろう

このドラマを見ていると、ゆゆの将来が心配になってきます。

撮影が終わったら、耀太は「お疲れっした~」と言ってそのまま現場を後にするでしょう。

そして、リアル彼女と会うために急ぎ帰路へ向かうのでしょう。

 

ゆゆはきっと、そんな切り替え達人の耀太とは違い、耀太のことを恋人のように思ってしまい、ハマってしまうだろう。

夜もLINEしちゃおうかな~なんてニヤニヤして、そのLINEは彼女と一緒にいる耀太の元へ・・・

耀太は「共演していた人から、こんなLINE来たんだけど~」なんて彼女に見せて、彼女に一瞬ヤキモチを焼かせるのに使われて、その後ゆゆのことなんて記憶の彼方へ・・・

 

今まで、ゆゆにイライラしていたけど、この企画をしたプロデューサーに怒りの矛先が向いてきました。 

 

素人、しかもちょいブスを連れてきて、恋愛の甘い蜜だけちょっとなめさせて、撮影終わったらはい、お疲れーですか?

 

少女マンガみたいに、イケメンから優しく求められると言うんですか?

 

と、終始イライラしていたこのドラマ、もしもseason4があったら…きっと見るだろう。

 

こちらもどうぞ

www.dokudamiyoshiko.com