ドクダミ自由帳

モテない精神を持ち続ける既婚アラサー女、ドクダミ淑子の毎日

「結婚したい」というあなたが、まず最初にすべきこと

f:id:dokudamiyoshiko:20170715200135j:plain

こんにちは、ドクダミ淑子です。

 

私は奇跡の結婚をしたということで、日々、職場の悩める後輩ちゃんから相談を受けます。 

www.dokudamiyoshiko.com

 

  • 「30歳くらいまでに結婚したいんです、どうしたらいいですか?」(27歳・女性/営業)
  • 「まだ婚活していないですけれども、将来的には結婚したいです。今は何もしないでも大丈夫ですか?」(25歳・女性/営業)

そういう子たちにまず話すのが、「とりあえず、彼氏作ったら?」という話です。

 

彼氏がいないけど、結婚相手は欲しい?

 悩める女子たちから、なぜかスッポーンと抜けているのが、大半が交際してから結婚するという、ごく当たり前のことです。

「彼氏作ったら?」と言うと、「でも、次付き合う人とは結婚したいんです」という答えが出てきます。

 

婚活には、下記のプロセスがあります。

  1. 彼氏いない→彼氏できる→うまくいく→結婚
  2. 彼氏いない→彼氏できる→うまくいかない→破局

運よく1だったらいいですが、2の場合もあります。

でも、2でも振り出しに戻るだけなので、また彼氏ができたら1になる可能性もあります。

2をすると、失敗という経験ができるので、失敗しないためには何をしたらいいかという考えもできます。

でも、彼女たちは2を毛嫌いし、100%の確率で1を歩める相手を探そうとします。

 彼氏はいないけれども、彼氏ではなく、結婚相手をダイレクトに探そうとしているのです。

 

当たり前だけど・・・結婚は、交際の延長線上にある

でも、考えてみてください。

そんな「100%うまくいく選択」なんて、ありえないじゃないですか。

「損するのが嫌なので、何もしない」、これこそが最大の損失になっています。

付き合ってみないとわからないこともたくさんあるし、恋愛で失敗した経験はムダではありません。

 

交際と結婚は別ではなく、交際の延長線上にあるのが「結婚」。

まずはステータスを「交際中」に変えるための行動をするのが、婚活の近道だと思います。

 

恋愛できる心と身体の「余裕」をつくるべし

ただ、後輩たちの生活スタイルを見ていると、仕事にほとんどの時間を取られている気がします。

「仕事が楽しい」それはよいことですが、もしかしたら失敗するかもしれない恋愛に挑戦するには、時間がなさすぎると思っているかもしれません。

 

でも、結婚したら始まるのは、共同生活。

自分の思い通りにいかないことや、二人になると時間がかかることなども出てきます。

結婚した瞬間に仕事量が減るわけはありませんので、普段から仕事以外のことをするための時間的・精神的な余裕は作っておくべきだと私は思います。

 

こちらもどうぞ

www.dokudamiyoshiko.com